テーマ:鳥のオペレッタ

やれやれ‥アップロード開始から8時間。

3時間5分もの大曲 (もっとも厳密に言えば、台詞、演技、鳥の鳴き声など入りですから、 ええーっと、ステージ・コンサート形式で演奏すれば2時間35分くらいかな???) の鳥のオペレッタ、 いやいや、 イタリア文学史上の最高傑作ダンテ『神曲』の題名をめぐる挿話ー 当のダンテ・アリギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥のオペレッタ「里子の縁結びの後家」全篇は明日をもって配信終了/(^O^)/

肌寒くなって、これから秋本番へと気候が大きく変わって行っちゃいそうですね。 風邪をひかないように気をつけましょうねぇ。 告知いたしましたとおり、 鳥のオペレッタ「里子の縁結びの後家」全篇は明日が終わりしだい配信終了いたします。午前0時をもって全動画を削除いたしますので、あと一日数時間しか残されていません。 ここ最近、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日気に入った言葉「おやじの小言と似たような話‥」 ヾ(∧_∧◎)

動画投稿・共有サイトのほうはね、net.(1)から(3)までの「里子の縁結びの後家」が表示されないなどの事故が起きちまって、ここ数日メールのやりとりをして、向こうのエンジニアに助けて貰って、なんとか復旧されました。 この経緯をかいつまんで説明しますと、 7日(金)午前0時をもって順次公開する、とブログで告知する二日前からすでに順…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

重厚長大なる物語を軽いフットワークで!「鳥のオペレッタ」の由来

台風一過の暑さにまいったなァ。 でも秋の気配が忍び寄って、暑さと涼しさのはざまに立ってるみたいッス。 ありがとう、3時間余にもわたる、「鳥のオペレッタ」といった軽い副題にもかかわらず、内容はまさに重厚長大なるオペラ‥いや、聖なる物語、オラトリオ、いやいや、最後の圧倒的な歌曲を見れば‥従来の声楽と管弦楽作品の枠を大きく塗り替える、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

台風9号一過‥「里子の縁結びの後家」全篇ご視聴に感謝!

台風9号がこちらをもろに直撃して、その間に期間限定の「里子の縁結びの後家」全篇公開の仕事を推し進めて、天地ともに疾風怒濤でしたね。 今朝、風雨に一時さらされて、今になって晴れました。 鳥のオペレッタ全曲を聴きたがってらっしゃった皆しゃま、ほんとにありがとう! 本当にずーっと待たせてきちゃいましたねぇ。 残念ながらこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥のオペレッタのタイトルは‥「里子の縁結びの後家」!

前の戦友(DVカメラ)が永眠について、新しいDVカメラをただ今微調整中でね、何から何までちっこく、軽いもんで、おれっち自身の動態視力と間合いを生かしながら流麗なカメラワークで動く被写体を撮影出来るように、腕ならししているとこなんです。 まあ、ビデオゑッセイシリーズを再開するかどうか。 自分の制作意欲がなんか盛り上がらないっつーか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鳥のオペレッタの作曲解説の動画2本を一挙に公開!

GWの最終日かしらん、運良くも10分を越えるビデオを2本、正常にアップ出来たんだ。 鳥のオペレッタの作曲解説2本です。 作曲、音楽に詳しくないお方でも愉しく見られるように工夫した、リアルタイムでのドキュメンタリービデオですから、どうぞ。 「鳥のオペレッタ第14曲作曲解説『鳥たちの合唱』」 動画はこちらへ 「鳥のオペ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

唐井音楽の総ざらえ(2)‥鳥のオペレッタ・2

No.28(ソプラノのデュオ)、エナガの地鳴き(鳥の鳴き真似) No.29(ソプラノ) No.30(バス) No.31(ソプラノと鳥たちの合唱隊) No.34(テノール) No.38(アルト~コントラルテ)、No.39(ソプラノ) No.44(バリトン)、前奏曲2 以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐井音楽の総ざらえ(1)‥鳥のオペレッタ・1

ここで総ざらえをしときましょう。 「唐井誠二入門」シリーズを打ち出すことにしました。 デジタル時代の音楽家の巨大な分水嶺、そしてバッハに並ぶ存在だったりしてぇ~、なんちゃって。 手前味噌を繰り返しますと、総スカンを喰らうでしょうが、5ヶ月にわたって動画投稿サイトで90本も公開し、ブログ歴が四ヶ月目に入り、検索順位も快調のもよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のデュエット‥鳥のオペレッタCM!

ありがとう、おれの詩への反響にびっくりしたよ。嬉しいねぇ、中味のある詩は縦書きでも横書きでもぐっと来るという持論を支持されたようで、励まされた思いです。 今日、人に会う用事というのはね、金銭がらみのつらいことで、こちらは平身低頭してたんでなんとか来月中ごろまで待って貰うことになった。 おれの多彩きわまりない芸術に接した皆さま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more