小説家休筆宣言。そして映画脚本に取りかかります。

二ヶ月もの猛暑、人の心の闇、‥いろいろとあってね(0^0^0) 自分の創作活動を見直したり今後のことを考えたりして、 あまりにも難し過ぎる題材の執筆中の短篇小説(現在400字詰め原稿換算で43枚まで)を 中断し、 常におらを小突き合いまくってる三つの魔物、音楽、演劇、文学のうち 演劇が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるでミステリー小説でしたね。犬の赤ちゃんで完全犯罪バレ?

事実は小説よりも奇なり、と詩人バイロンが謳ったように、 小説にも書けないショッキングな事実を前に、 まさしく、痛恨極まりない昨今でございますね。 なんとか人心地ついてきた今は。 徹頭徹尾おらが推測や妄想などに終始しております(そこがせめてもの救いかもね?)が、 1年7ヶ月の恋沙汰を振り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋こそ胃袋の創造性が必要なのだぁ!!散文練習っ☆

秋の夜長に到りましては、 今日みたいな真夏日が来ても(こちらご当地の最高気温は31.3℃でしたぁ) 猛暑日にいたぶられ、いじめられ、結構強くなったわが身としては 特別な手段を講じなくってもふんふん♪~と しのぎやすくなってきましたねぇ。 (0^0^0) 汗ダダ漏れ、タオル何枚も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2020年東京五輪、レスリング存続決定にちなんでおらが

恋人2号、3号指名の新ルールを決めちゃいました。東京決定を喜ばないなんて!? 非難ごうごうたる声を覚悟のうえでつくづくござります。 でもこうは見えてもさぁ、 マドリードに決まるんじゃないかなぁ、と思ってたが、 決定に驚倒しちゃいました、そして決死の思いでのPRが実って、 レスリング存続決…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

メイクアップアーティストの彼女??へ。(≧▽≦)

竜巻が次つぎと舞いこんじゃって、対岸の火事じゃないよなっ。±(>≡<)± と危ぶんでならない昨今であります。 被害に遭われた方々へお見舞い申しあげます。 ところで、 だしぬけで何ですが、 一方的ながら彼女??になって貰ったメイクアップアーティスト兼AV女優、 チェリーちゃんに向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ものづくり立国日本の在り方を深く考えさせられた、零戦。

小さい頃(1960年代後半から1970年代前半)夢中になってた、 第二次世界大戦の戦闘機、戦車などのプラモデルのうち、 「世界に誇るべき名機・零戦」。 最近「この新作を最後に引退する」と発表した宮崎駿さんの「風立ちぬ」に感動した余波として、 手に取った堀越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』という本が つい面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月も終わりに近づくか‥成果なきも散文練習っ☆

なんか猛暑日が消え、ようやく待望の台風列島縦断といった気圧配置に おさまり、 ただただ暑い、暑すぎるッ!の日々しか覚えていない8月も終わりに近づくか‥と ようやく実感されてきたのであります。 まいったァ~笑 成果なしか、今月は。 それでもええやん。 では、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑のせいでスカスカ8月‥「風立ちぬ」を観てきました。

例年になく猛暑日が多くって、スカスカ。。仕事もさっぱし 手につかなくて。 でももー何週間ぶりか?およそ一ヶ月ぶりか?正確には分からんが、 室温が30℃を下回る日々が来まして、 今日を、 パート勤務があがってからなるたけフリーにしときました。 だって宮崎駿さんの新作「風立ちぬ」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑さ対策の失敗が怪我の功名かねぇ。霧吹き!

恥ずかしながら、 昨日のブログ記事で雷雨が来て、このまま冷やしてくれるかと思ったら、 案にたがえてわずか数時間の通り雨に終わっちゃって、 失敗しちゃったんだぁ。 窓開き、サーキュレーター、扇風機などで まだその後も部屋の残っている暑気を追っ払わなくちゃならなかったし、 熱湯に全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷暑の次は激しい雨。。首都圏も例外じゃないッス。

ほんまにまいったね、一昨日は36.7℃、昨日は37.4℃!!今日は35.1℃と 酷暑が続いて、夕方の空模様の異変を見て、 「来る!」と直感したら、 今やテレビで「関東で激しい雨」、「何千世帯で停電」、「落雷」、「床下浸水」、「道路冠水」‥などの テロップが繰り出されちょってますんだぜ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の朔。。悲しみなき恋の終わり//(^O^)/

んっ。。人気脚本家の 「家族が増えました」、19歳年下の一般女性との再婚、そして愛犬に死なれて 仔犬兄弟を引き受けて散々たる日々。 思わず「そうっ!」と強く頷かせられたのは、 ペットロス症候群に悩まされてきた人気脚本家に、 犬を飼うように勧めてくれたのが再婚相手の女性でしたという一行。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(132)興梠隆『七月尽』への可能性をひとつ。

嬉しい俳句十五句にめぐり逢えて、とても愉しいひとときを過ごせました。 いえいえ、それはそれで完成度が高く、申し分ないですが、 連想をうながされ、おれなりに興梠隆『七月尽』のうちの七句に、 新たな視点から切り込んで、可能性をひとつほのめかして見た次第です。 まず、興梠隆『七月尽』十五句を掲げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きのふの食べ歩き。手料理三昧の息抜きじゃ~♪

いやぁー、殺人猛暑の次は、殺人豪雨ときたぁ。 めっちゃ大荒れに荒れてんじゃん、今夏は。 秋の気配が忍び寄りくるまで、ま~だま~だ2ヶ月もかかりそぉ。 手料理三昧の日々じゃどーかなぁ。と思ってね、 たまに食べ歩きしてみて、 いろんなお勉強もしていいじゃないかなぁ。と 自分の薄っぺ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷暑に悩める列島へ、7年前の音楽ビデオ「愛には期限なし」を贈る。

おたがいさまァ、早すぎる梅雨明けと長すぎる日照時間とで、 なんつーか、季節の乱気流の観を呈してきているとゆーべきか、 猛暑とゲリラ豪雨に掻き回されっぱなしの我らが日本列島ですね。 今日ね、 夕べの天佑神助というべき天の打ち水で 暑さ対策の盲点を見直させられ、 日中で暑気がこもり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(131)自作句込みの日記体散文。

クレージーな暑さだわぃ、早すぎる梅雨明けの酷暑列島って。 してみりゃ、平年だったらこちら関東甲信地方の今月21日あたりで梅雨明けするまでは 雨雲のスクリーンで暑熱を遮蔽され、不快指数うなぎのぼりの高湿に閉口するものの、 まがりなりにも涼しい日々を過ごさせられてきただけでも つくづくとありがたいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季感の出鼻をくじく猛暑ぶり‥散文練習っ。

まいったね、平年なら梅雨空に夏至から一ヶ月も経たぬ日差しを 遮られ、普段どおりの四季感からしては 涼しい日々を過ごせてきた筈が、 平年より早すぎる梅雨入り、また早すぎる梅雨明けで 突然に過ぎる灼熱に悩まされ、 まだ暑さに体の準備が整っていないのに8月並のも~暑が襲いかかってきたから、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の朔(ついたち)のちょい散文練習。

7月が始まったね。通気性の悪い部屋なんで、 先が思いやられますね(笑)。でもまぁ、これまでの暑さ対策の 学習効果がじんわりッ。と出てきたせいか、 温湿度計、体感温度、風通し、その都度の対処で 無理なく、どちらかといえばすいすいと暑熱ビームの裏を かいくぐっては、体調にさしたる変調をきたさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最良の読者たちに励まされて‥深謝の念。

一流の読者が一流の作家ではないことが、 古今東西を通じてあまねく知られ渡った摂理であろう。 いかに「表現」を獲得することが難しいかを如実に言いえているし、 それでも失礼ながら二流の作家でも一流の読者を得て、 的確な評言や作者自身でも思い寄らなかった見方などをいろいろと 言われるとやはり嬉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(130)良質の現代詩への返歌、ついでに。

文句はない。易しい言葉でつづられた今度の現代詩の出来栄えは。 なかなかのもんでちゅ。 ちょいと悪戯こころが出てね、 やたらと読者の理解を拒みたがる難解な詩句で 困った言葉マスターベーションに腐心しくさってひきこもっちゃってる詩人たちが 多い傾向ですしね、 原詩の「本歌取り」をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短篇小説のカンブリア爆発っ。つか

なんてぇ、もー新作『放射能ゴキブリvs.行動派の益虫たち』で 400字詰め原稿のべ約340枚を越えちゃって、 立派に単行本として刊行してもおかしくはないんだから、 帯に件名のよーな文句を入れときたいね! まぁ、出版社として「いってぇ、表題作はどれにすりゃいいんだ!?」と悲鳴をあげて、 困…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more