テーマ:表現ベクトル

詩歌の可能性をば。∞(132)興梠隆『七月尽』への可能性をひとつ。

嬉しい俳句十五句にめぐり逢えて、とても愉しいひとときを過ごせました。 いえいえ、それはそれで完成度が高く、申し分ないですが、 連想をうながされ、おれなりに興梠隆『七月尽』のうちの七句に、 新たな視点から切り込んで、可能性をひとつほのめかして見た次第です。 まず、興梠隆『七月尽』十五句を掲げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐井流演技術‥包丁の持ち方について。

久方ぶりの俳優の仕事がまぁなんとか成功しおおせたようですね。 「涙の娘/心の酷使で壊れちまった男」で 声こそ聞かせなかったけれど あくまでも無伴奏ヴァイオリン・ソロ曲に振付ける映像としてであって、 却ってそこがよかったのかも。 世界でも折り紙付きの演技力ですからね、 声も聞かせ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more