詩歌の可能性をば。∞(118)遅まきながら谷川俊太郎への返歌。

虚しいばっかりの空騒ぎの日々をやり過ごさせていただきましたょ。 うん‥わいの娘以上お○はん未満の彼女のさりげないはからいが 嬉しいどすぇ。 うんうん‥ で、気を取り直しまして、 遅まきながら 谷川俊太郎さんの11月5日付け朝日新聞夕刊に掲載された詩「心は」を 換骨奪胎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敢えて公開!長詩「同衾異世界」

実は今朝ほぼ一ヶ月間にわたって書き続けてきた長詩を あくまでも推敲魔のおれのことだから、 「第一稿」と見做しながら書き上げました。 クールダウンしてから なんせ自分でもびっくりしたことに 342行!と最長の長さになった詩ですし、 さまざまな韻文体がときとして散文詩になったり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(117)俳句14句を添削したが、いいものを持ってるよ!

うん、いいものを持ってるなっ。☆  でもなんか惜しいっ!15句のうち「目一杯風つかみたき猫じゃらし」は最高ですから ほかの14句を添削させていただきました。 (0^0^0) 原句を以下にお掲げさせて頂きましょう。  霧の湖                抜井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(116)せぇーの!俳句三句添削っ。

なんつーかねぇ、「世界に通用する日本語」を標榜しておわしまして、 おらが詩歌添削人の腕前は‥ そうさねぇ、もはや世界水準といってもいいんやっ。 ですから 国内で活躍されていらっしゃる俳人、歌人、詩人などの作品を 読んでは おらなりにスルーするか、 そこそこの賞受賞で実…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(115)西脇順三郎「旅人かへらず」添削過程。

すまんかったなぁ、昨日暴言、暴論を吐き散らしちゃって。 わいはど超極悪非道にして甚だ不人格者どすぇ。 (0^0^0)☆彡 でもこれでもええと思ってんねん。 (0^0^0) 西脇順三郎の詩は「日本語にもなっていない、格助詞の使い方がおかしい」と 長年一般に思われてきたでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(114)西脇順三郎の二詩を添削、大炎上を覚悟っ。

うん、うん♡ おらが最愛の最胸にして人生史上最悪の悪女でもあるぅ彼女が 頑張ってまんねん。うんうん♡ いよいよおらが命運が果てるときは近いですかねぇ。‥ ⊆((>ω<))⊇ まっ、色気エロたっぷりの枕詞はここら辺にしといて、 日本のモダニズム受容での弊害を体現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3年振りに超大作「真善美の箱・続/僭王」をリバイバル全篇公開

さる世界的作家は作家の無力感を仰いましたが、 まったくおれも同感です。 ‥しかし、ちょっと難しいですが。 おれ、こう思っています。 言葉は現実を前に無力ですが、しかし最後まで無力なんかじゃない。 作家自身さえも自覚しなかったその後の世界を予言するものだから、 後の祭りだと悲しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(113)詩「かなぐり‐もぎり」

本当なら発表したくなかったですが、 まぁね、 さっきまでのツイートを時系列に転載して 非公開の方針を覆す決心をしたことの説明に代えさせて頂きます。 「村上春樹さん、あなたの朝日新聞への寄稿を拝読しました。ありがたく保存させて頂きます。この事態への答えはすでにあなた自身の素晴らしい文章の中に示されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『はしょり五十音(げんげ)』リバイバル公開ねっ☆

あ、さっきまでツイートしましたね。 時系列に転載します。 「うんだっぺ。我が愛しき鉄アレイ胸ちゃん。*****をチェックしましたねん♡最近の彼女、変ったんじゃない?ってな声に「後ろに男あり」?っつーかの?所で米国文芸エージェント何ちゃら。動きが怪しいな。まっ、だといいんね。」 「90年代に始まったジャポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇風機撤収!湯上りのための一台を残して。

たった今部屋中の扇風機やサーキュレーターを撤収し、収納し終えたところです。 湯上りのための一台(クリップファン)を残してね、 (0^0^0) ふー‥ あんな長過ぎた残暑がウソみたい、 V字と激し過ぎた寒暖差になんとか服調整をしてね、 体調を落とさずにすんだかなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(112)いぬ族に嬉しい詩「おあずけ犬」

どっかの川柳で「春夏夏冬」と言われたような だれぇーだれぇー。。としつっこく長びいた残暑がやっと終わって、 急に秋になってまだ体調の準備が整っていないうちに喰らった不意打ち みたいだなぁ、衣替えとかでさすがに調整にまいっていますんね。 (-ε-) で、 (*^_^*) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お遊び。人気作家の書き下ろし短篇に手を入れて。

「世界に通用する日本語」を標榜したからには、 なんか最近、おらの中の魔物どもが少々は落ち着いてきたみたいだね。 詩歌添削人として畏れられちゃいるけどもよぉ、 なかなか散文にもうるさい。 ( ̄^ ̄) デビューから間もなくして世界のムラカミの力量を見抜いたし、 なんせ三つの魔物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長過ぎた残暑が収斂しつつ‥演劇界のど超野生児にして本の虫。

ひぇ=、こちらご当地で真夏日日数60日だってさ。 まいったな~、 かのゲーテのファウストの終幕で 契約成約を見るかに思われた矢先で、 実は悪魔より一枚上手だった神ちゃまに まんまと一杯食らわされて 天使たちの聖なる火に焼かれ、 旧約聖書のヨブみたいに火ぶくれだらけにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(111)現代詩を添削。もっと考えて!

硬軟おりまぜて本の虫の毎日を過ごしておりますしっ☆ すんげえ硬い本を読んで頭がくたびれてきたら、 柔らか~い本を読んでげらげら笑い転げて、リフレッシュすることにしてますぅ。 (0^0^0)☆彡 本当なら詩歌添削人を返上したかったですがね。 ‥‥ いやぁー、 困った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(110)俳句15句を添削っ。ナンマイダブツっ

しつこいねん、残暑が足止めを喰らはったまま、秋雨前線がいっかな降りないみたい。 てぇ、‥ まぁね、今晩はのんびりと本の虫で過ごそうかと 思うておりましたんやが、 阿弥陀はんのモットーであらせられる摂取不捨(せっしゅふしゃ)っつーか、 ついつい迷える衆生の煩悩を 見かねて助けの手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超難曲『しゃあない風景』リーディングドラマに挑んでみたよぉ!

なんかね、世界的にダメおやじ化しちまったみたいでよぉ、 いいえ、 あっしには何の責もございません‥‥ (0^0^0) 我ながらびっくりしたねぇー。 12年前に書き上げた、ほんまに超難曲や、『しゃあない風景』は 400字詰め原稿に換算すれば 285枚に相当するし、声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12年前の幻の戯曲『しゃあない風景』全文を限定期間で公開!

まだまだ唐井芸術の整理整頓の最中ですから、 新作発表でなくってごめんなさいね。 (0^0^0) ある戯曲を読み終えてとっても感動しちゃったが、 もっと早く読んどけばよかった、と後悔の念が先だつだろうけどね、 いいや、ちょっと違う、 逆に唐井流作劇術、演出、台詞術などを尽して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥飼玖美子さん、ありがとう。国際共通語英語モデル。

9月になりましたね。心なしか暑さが和らいだようですね。 こないだ足かけ1年で無伴奏ヴァイオリンソロシリーズ全24曲を 完結させたですが、 なんせ全世界のヴァイオリニストたちに弾いて貰うことを前提にしていますので、 曲名を国際共通語としての英語で考えなくてはいけなかったものでした。 もちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(109)文学脳を働かせて久し振りの詩添削っ☆

夕立のない残暑なんて‥もはや異常事やでぇ。 俳句歳時記では夕立のほかに喜雨(きう)がありまして、 待望久しい雨との含意もありますぅね。 ほんまに渇望してやまないもんですね、恵みの雨。 ⊆((>ω<))⊇ んっ‥ んっんっ。。 しつこい残暑!をあくせくと …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ダメ押しの暑さ対策!猛暑が長びきそうなので。

暑いねぇー、8月も残り10日を切ったのに。 今夏はぜんぜん違うみたい、大気不安定なせいか、 猛暑、雷雨などで。 うちは通風を利用してなんとか暑さ対策で しのいでこられたけど、 夜8時を過ぎてもまだ部屋の熱がこもっている状態がここ数日間 続いていたので、 改めて見直して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more