合唱曲「真善美の箱」を国内向けサイトから撤収させて頂きました。

お断りまで。


そろそろ公開から2ヶ月も経ってきた頃だしね、


おれの合唱超絶技巧ぶりを


余すところなく発揮している曲ですから、


ネットで無料公開のまんまにしとくにゃ


もったいなさ過ぎるでしょうね!


たとえ声域の広い声の持ち主であろうとも、


自分の声に自分の声を重ね録りするというテクノロジー上の助けが


大いにありましても、


やはり難しい。


世界じゅうの合唱団を


ユーチューブで聴きまわってみますと、


「そりゃダメだ!


それぞれの声部に


ほかの声部によく耳を傾けて


自分の声にもっと!もっと!引きつけるように


歌わなければ


異なる声のハーモニーの充実度が全然違う」


と一様に不満を感じたもんですぅ。



そうそう、


まったく違うジャンルですけど、


テレビで偶然目にしたバレエダンサー熊川哲也さんの


後輩への叱咤ぶりは


こうですぅ、



「ダメだ!音楽を耳で聴いてからでは遅すぎる!」と。



‥‥



それこそは


合唱の真髄なりと。


ほかの声部を耳で聴いて声を合わせようと思っちゃいけない。


ほかの声部をよく聴いて


全然何も考えないうちに


勝手に自分の声を重ねられるような境地に


そう、


「ほかの声を自分の声にもっと!もっと!引きつける」ように


なんなくっちゃ


合唱の出来栄えが


とうていダメになるんだよ。



べらぼー早口言葉の「死の稼ぎがしら」も、


言葉の振り分けも大胆にバラバラな「真善美の箱」も、


‥‥


はために易しく見えても


意外と超々々々難曲の「氷雪の笑顔」も


そんな境地から生まれたもんですぅ。



傲岸不遜とそしられてもいい、


ユーチューブで


再生回数の多さを誇っている合唱団は


「ど下手っぴィ!」としか


おれの耳には聴こえませんよ。



‥‥


それにしても


何百年も歌い継がれてきている合唱曲は


先人たちの努力の上に立っているようなものですから


聴き応えがありますよね。


気に入った新曲があっても


単に声のハーモニーに浮かされちゃってはいけない!


作曲家たちが


ここで「集合和声」、「離散和声」、そしていろんな技巧をこらして


言葉の振り分けを分担させた意図を


見落として欲しくないと


ひと言言っときたい。



( ̄^ ̄;)



画像





口うるさいオヤジのたわ言でしたァ。



( ̄^ ̄;)

"合唱曲「真善美の箱」を国内向けサイトから撤収させて頂きました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント