お遊び。人気作家の書き下ろし短篇に手を入れて。

「世界に通用する日本語」を標榜したからには、


なんか最近、おらの中の魔物どもが少々は落ち着いてきたみたいだね。


詩歌添削人として畏れられちゃいるけどもよぉ、


なかなか散文にもうるさい。


( ̄^ ̄)



デビューから間もなくして世界のムラカミの力量を見抜いたし、


なんせ三つの魔物を統べる術を若くして未熟で知らなかったため、


けっこぉ、自分の演劇、文学を構築するのに


多大なる労苦をはらってきちゃいましたんねぇ~。



( ̄^ ̄)


まっ、三つの魔物をなんとか手なずけ、ここまでやってこられたし。




( ̄^ ̄)


本題に戻ろうよね、さすがにおらがくだくだしい前置きにげんなりされてんだろーからね。



お名前は明かせませんが、


今をときめく人気作家はね、


今日付けの某新聞朝刊でおらが愛好してるみりんの大手メーカーとのコラボで


全面広告に縁起ばなしめいた短篇を書き下ろしたんです。


一読しました。


出来栄えはね‥


まぁまぁ、


国内はいいとして、


おらが文学は全世界から悲鳴を常に浴び続ける「世界に通用する日本語」の力を


つくしてきましてね、


レベルの桁違いな差ってかっ。。


( ̄□ ̄;)!!



ほぇー、と鼻をほじる余裕でお遊びをさせていただきました。



始めの21行を添削っぽくっ。


手を入れさせていただきました。




(0^0^0)



以下におらが添削稿をお目にかけますぅ。


決して国内の読者を馬鹿にしてるわけじゃありませんよ。


「世界に通用する日本語」はこんなもんじゃぁ~!と


目にもの見せたかったまで。



(0^0^0)





秋涼の客



      ***の原文を直して。





 その客がつる家の暖簾を潜った時から、りうは、妙に心を引かれた。
 三十前後か。
――おや、良い男だこと
 濃い眉の下に、穏やかな面作りながら聡明だと分かる双眸。疲れが色濃く滲んでいる。足もとは草鞋履きで、身に纏う上総木綿は上物らしいが、幾分くたびれている。りうは見当をつける。長旅の途中だろう、と。
 長月二十二日。昼餉から大分と過ぎて座敷が空いていた。
 りうの案内で入れ込み座敷に通されるが早いか、客はせっかちに注文した。
「巷で噂の『ありえねぇ』という料理。ひとつお願い」
 りうは歯のない口をきゅっと窄めて、困った。おやまぁ、と申し訳なさそうに声がこぼれた。
「もう胡瓜の時季が過ぎてしまいましたから。あれは蛸と胡瓜の酢の物なんですよ、早い話」
 そうでしたか、と客は落胆の色を隠せない。
「流山の白味醂。ご存じありませんか? ここで是非食べてみたかったのですが」
「まあ! 御存じですか。流山の白味醂を」
 言下にりうは、ぱんと両の手を打ち鳴らす。




(0^0^0)



まっ、新聞広告だし、


大手メーカーとのコラボでおおかた急遽舞い込んだオファーらしいから、


作家は推敲を十分に重ねずに


指定字数のうちになんとか文章を書き収めた事情を考慮いたしますと、


文才云々よりは、


人気作家の不本意ながら書かざるを得なかった辛い事情のほうに


同情の念がこみあげてきますぅ。



(0^0^0)



運好くも当該の掲載新聞を手にとっていらっしゃる方々、


一興として読み比べて下されば、


小説という散文形式の質の違いについてご一考下されば嬉しいです。



( ̄^ ̄)



何故村上春樹さんが世界のムラカミハルキになったか、


そしておれがどーゆー基準で看破したか、


ほかでもない


「世界に通用する日本語」の力のなせる業だからですよ!




(0^0^0)



え?


いやいや。


こうは見えても


おれも池波正太郎『鬼平犯科帳』の大ファンです!


さすが、うまいったらありゃしない!


池波正太郎の文体、筋運び、さりげなく合間に差し挟む料理の薀蓄などに


まいって、


ええっと、7年前の登山に夢中だった日々に愛読していたもんです。



(*^_^*)




ですからね、


大変失礼つかまつりますが、


池波正太郎の名人芸に及ぶのは無理だとしても


もーいっちょぉ頑張れ!と


エールを送るつもりで短篇に手を入れさせていただきました。。(こんな言い方って、


責任逃れの至極便利な言葉遣いですね)



以上です。




画像






料理好きにたまんない新レシピどすぇ。


厚揚げ、素揚げしたじゃが芋、アボガド、干ししいたけを


えーっと‥ いいかげんな分量で申し訳ないが、


酢、醤油、各60ccくらい、砂糖大さじ3-4、水溶き片栗粉大さじ1の


調味料で炒め合わせました♡


たまたま唐辛子を入れ忘れちゃったんで、


糸唐辛子を急場しのぎに振りました♡



(0^0^0)



はい、お粗末どすぇ。



(0^0^0)




俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
伏見 つかさ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈10〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
伏見 つかさ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈10〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
伏見つかさ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック