今日健康診断を受けました‥「診察所見は異常なし」

今朝、パート勤務先で健康診断を受けてきました。


昨日と今日の朝にも大便を採取し、


ちゃんと朝食を食べて出勤。


パート勤務をそこそこに用意しといてから


さっそく健康診断を受けて、


身長169・1cm、


体重62・4kg、


視力検査で両目とも1・5、


メタボ腹がなく腹囲が適正、


お医者さんによる診察所見は異常なし、


血圧は二度にわたって130~120くらい。



過去三年の結果を振り返ってみますと、


身長は同じで


体重は三年前の72・5kg、


二年前の73・2kg、


昨年の68・1kg、


今回は標準体重63・3kgを下回る


62・4kgと出たですぅね。


(*^_^*)



4年前ほぼ一年間にわたって登山に夢中になって


まァ‥驚異的な登山歴を記録してて、


67・9kgだったですよね。



収入減のため登山を中止して、


リバウンドしちゃったんだが、


昨年の早い頃だったかな、


生活苦に追われて、


いわば生活デフレですね、


食生活のムダを一掃しようと見直して、


芸術活動の生産性の高さを保持しながらも


いろいろと工夫を重ねて


知らないうちに


無心のダイエット効果をきたしちゃったんですね。


面白いことですよね、


はからずも個人的な生活が


昨年9月のリーマン・ショック以後の社会とシンクロしちゃってきて。


(*^_^*)



良いデフレか、悪いデフレか、危険なデフレ(デフレスパイラル)か、


今の物価下落傾向と名目成長率マイナスをどう見るかで


もめていますが‥



ま、せいぜい気休めかも知れませんが、


ここ数年のおれの生活実感と体重減と健康状態などから


「デフレ耐性」という言葉を


思いついただけなんです。



日本の「タンス預金」で貯蓄率の高さを


かつて批判されたことがありましたよね。



おれは思うんだ、


「100年に1度の金融危機」こそは


ブログ前記事で提言した戦後の「第二の成長モデル」策定と戦略の


好機にもなりうるかも知れませんし、


景気の「二番底」を用心深く避けつつも


ここは日本の官・政・民ともども全国民の知恵を結集して


世界に誇れるデフレ耐性からの景気回復策を


見せられるかもという能天気な観測のもとに


何とかともに頑張っていきたいとも思います。



(*^_^*)



‥‥



ツゥツゥツッ、ツッツッツッ‥



これはね、


おれっちの世界に屈指の巨大な頭脳をフル稼働させているときの


呟きなんですよ。



おたがいに頑張って行こうぜぇ!!



画像





今日の健康診断で示されたように視力抜群なだけに


(ん‥? 先の先まで見通せる能力ですかァ?


いってぇ何の話だぃ。


(-_-メ))


老眼鏡をかけた後は


ちょっと痛いですね‥



しゃあーねぇ。



(*^_^*)





「経済戦勝国」日本の底力
出版文化社
長谷川 慶太郎

ユーザレビュー:
遠い、とおい世界に旅 ...
デフレの時代は日本の ...
読み応えのある作品こ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 血糖値が気になるなら

    Excerpt: 食後の血糖値が気になり出したら、健康飲料のグルコカット。難消化性デキストリン配合で、糖の吸収を抑え、血糖値は上昇がゆるやかに。 Weblog: グルコカット racked: 2009-12-02 17:49