信じられない回復力!( ̄□ ̄;)!

画像

!( ̄□ ̄;)!
三日で筋肉痛がほぼ回復。。


先おととい(木曜日)の登山はね、


朝遅く起きて、なんと登山を始めたのが午前10時40分過ぎだったんだ。


「筋肉が吊ったら、その時点でリタイアして、引き返そう」と


あきらめ半分に思ったけど、


登っても登っても(もちろん約15kgのザックを背負ってね)筋肉がまだ吊ってこないのに


釣られていくうちに


いつのまにか1272・5mの頂点に着いたのが実情ですよ。


ちょうど登頂したのは午後1時45分くらいだっけ。


(ごめん、このコースタイムの詳細は前記事を見て欲しい、


おれちゃん、ビデオ撮影時間を稼ぐのが第一で、コースタイムにからっきし無頓着で


すぐに忘れちゃうんだ)


!( ̄□ ̄;)!



しかし想定外の出来事があったんだ。


コフェルに水を張って、ストーブで沸かしたけど、


45分も経っても沸騰しないばかりか、


何故か水が減ったんだ。


その日の最低気温は6℃で、分かるでしょう、


100mごとに0・65℃下がるから


1272・5mの頂点じゃ


もう氷点下でマイナス5℃の世界に入っちゃったわけ。


自分の手足が寒さにかじかみ、感覚を失っていくという体のサインに


危険信号を感じ取って、


そこでコフェルに蓋をし、文字通りぬるま湯で生煮えながら調理してから


大急ぎでかきこんで、胃腸を暖めるとすぐに下山の準備をしたんだ。


超スピーディに下りて、


30分ほどで700mくらい下になると


ようやく自分の手足が感覚を取り戻して、


「だっは~。。


危なかった!


雪がなくても山の天辺は氷点下だから、


低体温症にかかるところだった!」


と思ったもんですぅ。


!( ̄□ ̄;)!



果たせるかな、


その日の気象予報が


翌日に寒気団が暴れて、北日本は大雪、こちら地方は大雨になるって告げたんだ。



!( ̄□ ̄;)!



大雨が止んでから一夜明けた昨日、


雪が跡形もなくなったはずの山地を自宅から見ると、


また冠雪していたんでした。


!( ̄□ ̄;)!



ね!


自分の体力が復帰したんは嬉しいけど、


なんていえばいいか、


1000m以上の稜線で感じる気象の動きは


今から思えば雪の前ぶれだったかも知れなかったな、と


思い当たったんですよ。


登山当日は、


なんせ朝遅く起きて、ちょうど気温が下り坂になる頃


山の頂点に立つと、


コフェルのお湯がいつまでたっても沸騰しない、


自分の手足の感覚が失われ、がくがくと震える、


意識がか細くなっていく、


などの現象もむべならんかな、と


いえるでしょう。



!( ̄□ ̄;)!



体力の復活のみならず、


まさしく山の気候に対する対応力も試された一幕でしたから、


平地の気候しか一生知らない連中の褒めそやし、ほざくことなんかより、


こうして生々しく体感できたことが


「山の洗礼」としてほんまに嬉しいことですぅ、


もちろん自分の命とひきかえにね。



(-ε-)



てっきり雪が降らないだろうと見積もっていたけど、


ここからまた雪が降り積もっているのが


ありありと見えるんで、


本当に登山意欲をまた掻き立てられるもんねぇ。。



(-ε-)


たとい歩き慣れた山でも


状況がころころと変わるから


本当に面白いんよっ!


おれの体力(あるいはエッチをするほう?)を持ち上げる連中って


いかにも山の怖さを知らないからねぇ、


平地でどんなに鍛えこんでも


しょせん過保護、ぬくぬくとその中の世界しか知らないからだよ!


(-ε-)



今日の気象予報によりゃ、


今週いっぱいまた雨が降るって。



!( ̄□ ̄;)!



‥‥こりゃ愉しみだわぃ、


もう雪化粧の山をビデオ撮影出来ないと思っていたのが


そーは行かなくなったよーだねぇ。


なんとか倹約に頑張って


次の登山のために交通往復費を確保できるように


して行きますぅ。



!( ̄□ ̄;)!



いかに形状記憶の筋肉の持ち主であろーとも


山という巨きな相手に


命の駆け引きをさせられるって


いいねぇ‥


だからおれの登山はスポーツなんかじゃないよ!


持ち前のケモノ性を試される


とびっきりの遊技場なんだぜぇ。


(( ̄v ̄))ξ



でわぁ、


次の登山を期しながら


また仕事に頑張っていきますかぁ。


世界的な熱狂ぶりをよそにね!


でも評価基準のいい加減なネットでも


おれちゃんの作品の質に着目して


'do good job'とか、'keep the good work'とか


国と民族を越えて


「いい仕事をしている!その調子で続けて!」と


声が揃ってきてくれただけでも


本当にあんがたいことですぅ。



(( ̄v ̄))ξ



なんせどんな法の加護を受けても


おれの創作活動はいつもいつも


どー展開してゆくか、


予想不能、想定外、期待外に溢れているもんねぇ。



(( ̄v ̄))ξ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック