動画ブログの新たな可能性‥「ありふれた花でも」

YouTubeを起爆剤として雨後の筍みたいに乱立してきた動画投稿サイトに、
じっさいに参戦(?ぶっそうなこっちゃぁ。ま、戦国時代みたいだなァ)して5ヶ月経ち、
自分なりに動画ブログの形をととのえてきたのをしおに、
なんつーか、テレビ文化とは断然ちがう動画ブログ文化を築いていくために新たな可能性をためしてみたくなったんだ。

ビデオジャーナリズム?
ちょっとちがうな‥

唐井独自のビデオ撮影は、あくまでも後に芸術作品にまとめあげるための映像素材をためこんでいくためなんだ。
取捨選択の基準がそもそも違うし、時間枠にとらわれない発想、視点、コンテンツの自由度がけた違いに大きいしね。(アダルト動画というマイナーなやつもあるけどもよぉ)。

まっ、これまで公開してきた動画はやっぱ、テレビ局の比なぞじゃない企画ぞろいなんだからさぁ。
音楽ビデオだって、そんじょそこいらのPV動画なんかじぇんじぇん比べものにならないッスよ。ドラマ性も違うもんね。別に唐井音楽のマニアニックなファンでなくっても、誰でも愉しく見られるように心がけてるのさぁ。

ちょうどいい、今日ひどい雨が降ってね、晴れの日とは趣きがぜんぜん違う花の風景をビデオ、写真に撮ってきた。

まず画像を。

画像


ヒメジョオン(姫女苑)というありふれた花ですが。

画像


雨に濡れて、花の名のようになまめかしい、艶やかな女を思わせるねぇ~。

画像


パァッ!

びっくりしたァ?
本当に高いところに生えてるんだよね。
それもコンクリートで固めた崖に。

じゃあ、以上の同じ一連の動きをビデオで撮っておいたんだから、
見てよね。

「ありふれた花でも感動を呼び起こせる」


ね、ありふれた花でも意外性を帯びてくりゃ、文字通り「高嶺の花」になっちゃうね~。

これぞ、一期一会のシャッターチャンス、
見るものにどう伝えるかのカメラワークの絶妙さ、
ドラマ性の豊かさ、
どの点をとっても唐井芸術の面目躍如じゃ!

必ずしも完成品でなくたっていいや、
時にふれて「面白い!」と思って皆しゃまと分かち合いたい、日常生活の一こまを
アップして動画ブログ文化の質を高めていこっと。

お粗末でしたァ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック