テーマ:一流の読者

最良の読者たちに励まされて‥深謝の念。

一流の読者が一流の作家ではないことが、 古今東西を通じてあまねく知られ渡った摂理であろう。 いかに「表現」を獲得することが難しいかを如実に言いえているし、 それでも失礼ながら二流の作家でも一流の読者を得て、 的確な評言や作者自身でも思い寄らなかった見方などをいろいろと 言われるとやはり嬉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more