テーマ:散文練習

秋こそ胃袋の創造性が必要なのだぁ!!散文練習っ☆

秋の夜長に到りましては、 今日みたいな真夏日が来ても(こちらご当地の最高気温は31.3℃でしたぁ) 猛暑日にいたぶられ、いじめられ、結構強くなったわが身としては 特別な手段を講じなくってもふんふん♪~と しのぎやすくなってきましたねぇ。 (0^0^0) 汗ダダ漏れ、タオル何枚も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

8月も終わりに近づくか‥成果なきも散文練習っ☆

なんか猛暑日が消え、ようやく待望の台風列島縦断といった気圧配置に おさまり、 ただただ暑い、暑すぎるッ!の日々しか覚えていない8月も終わりに近づくか‥と ようやく実感されてきたのであります。 まいったァ~笑 成果なしか、今月は。 それでもええやん。 では、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の朔(ついたち)のちょい散文練習。

7月が始まったね。通気性の悪い部屋なんで、 先が思いやられますね(笑)。でもまぁ、これまでの暑さ対策の 学習効果がじんわりッ。と出てきたせいか、 温湿度計、体感温度、風通し、その都度の対処で 無理なく、どちらかといえばすいすいと暑熱ビームの裏を かいくぐっては、体調にさしたる変調をきたさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戻り梅雨、つか。そんでもって散文練習っ。

待望の降雨が来ましたが、やはり異常気象だけに 危ぶみもありますぅ。 昨日のツイッターでつぶやいたことをそっくりそのまんま 転載しときまひょ、か。 「台風3号のおかげで梅雨空が戻ってきた。台風と来れば早く過ぎ去れと願いたいところだが、平年より早過ぎる梅雨入りも晴れが異常に続いてきて少雨の心配が濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の掉尾として散文練習っ。

短篇小説執筆の前にちょいと文章ウォーミングアップとして。 (0^0^0) たった今書きつけた日記の一文。 午後6時26分  ほぼ1時間の仮眠の後、換気扇を回し窓を半開きしながら、みずから戒しめつつある積年の深酒の予防として、わざとらしく遅らせに遅らせてきたひっかけ一杯で少し活力を得て、部屋干し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理由なき消失‥夢の描写。散文練習っ☆

では、今朝見た夢を描写しまひょ。 何度も、あるいは生まれてこの方数え切れない回数だろう、 ほぼ1万度も見たのに違いない学校のひそやかな佇まいの教室で 彼女と差し向かいに座っていた。 しかしおたがいにこの学校の生徒ではなく、それどころかすでに成人に達し、 ぼくの娘ほどの年代のはずである彼女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆弾低気圧っ。頭休めと執筆へのウォーミングアップ

すんげえ風雨が吹き荒れた、爆弾低気圧がこうも たて続けに来ちゃ先が思いやられますなぁ。。 奇抜きわまりない、もっとも頭の痛くなる体裁の短篇小説を執筆してきた 筆を擱(お)いてから、 晴れ上がった頃合いをみはからい お買い物や家事などをやんやと片づけて、 ずーっとっ。頭を充分に休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春ころりっ。近いねぇ☆散文練習っ

眠たいですね、春ころりっ。近いっ。待ち遠しいっ。 でっへへ。 さっきこうつぶやきました。 「あの世界的作家の嫌味たらたらにまいったな(笑)。でも本のお値段を見ると400頁を越えそう!タイトルからして「大丈夫かな??」と心配。黙っていたが、めずらしくも昨日から三連休です。今日散髪し、ごろ寝しておりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月になっても御無沙汰じゃ悪いから、申し訳程度っ。

日照時間がみるみるうちに長くなり、洗濯の喜びがいやましに。 3月到来ですが、ん。。。 ブログは御無沙汰じゃ悪いから、 ほんの散文練習を兼ねて、 申し訳程度っ。 世界的詩人、作家、音楽家、演出家、俳優☆の顔っ。虚偽広告ですねぇ(0^0^0) 今や必携品とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御無沙汰しちゃ悪いが。散文練習っ。

きな臭くも慌しき世情にも、孤雲のごとき佇まひなむ、のらりくらりと。 (▽^0^▽)☆彡╲(^O^)/☆彡(0^0^0) あ”―、 ピノコちゃん♡ おまえなぁ、iPhoneカバーを変えて 化粧室の鏡で表情二態を見せたんだね。 おらがデタラメきわまりねぇ小説の登場人物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピロシキのつもりがカレーパン‥ 散文の練習っ☆

どうもなぁ、ネット上で『超短編小説』とやらが流行ってるみたい。 閲覧しますとね、詩とも散文ともつかない代物ばっかしで、 なんか、漫才ネタ、コントにすればいい、もっともそのネタが没になるんだがね、と 思っちゃうね。 でも村上春樹さんの訳された「サドン・ストーリー」ジャンルに入るグレイス・ペイリー「マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more