テーマ:

敢えて公開!長詩「同衾異世界」

実は今朝ほぼ一ヶ月間にわたって書き続けてきた長詩を あくまでも推敲魔のおれのことだから、 「第一稿」と見做しながら書き上げました。 クールダウンしてから なんせ自分でもびっくりしたことに 342行!と最長の長さになった詩ですし、 さまざまな韻文体がときとして散文詩になったり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(112)いぬ族に嬉しい詩「おあずけ犬」

どっかの川柳で「春夏夏冬」と言われたような だれぇーだれぇー。。としつっこく長びいた残暑がやっと終わって、 急に秋になってまだ体調の準備が整っていないうちに喰らった不意打ち みたいだなぁ、衣替えとかでさすがに調整にまいっていますんね。 (-ε-) で、 (*^_^*) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(57)3・11以後の詩「底抜けの明るさ」

3・11をさかいに人生観、価値観が変わったと軽々しく言って欲しくはない。 ただあまりにも広範囲に渡り過ぎる被災地、 現在進行中の原発事故の危機的状況、 さまざまな悲しみを表現する形容詞を一万語も費やし切れないほどの 巨大な現実に直面し、 詩人・芸術家として 何をしうるか?と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半年前の即興的に書いた返詩「ただのりしちゃいけない」再掲載。

ちょうど半年前に県内の小中高生の1851点から選ばれ、 朗読した普天間高校3年の名嘉司央里さん(17歳)の「変えてゆく」の詩を 新聞紙上で読んで、 ヤマトンチュ(本土・日本人)の50男として さっそく返詩した「ただのりしちゃいけない」を 再掲載したく存じます。 どんな歴史の荒波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(31)冬の詩二作。

昨夜、「坂の上の雲」で「子規、逝く」を見ました。 司馬遼太郎の小説的な潤色の助けを借りるまでもなく、 すでに1980年代半ば頃に正岡子規の本に衝撃を受けて、 次から次と彼の主要著作物を読み貪って 明治時代の文学革新の祖として今なお尊敬していますから、 TVドラマ的な潤色をちゃんと見分けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩「いわれのなき夢」への興ざめなばかりの自作解題‥

録音状態が芳しくなく、マイクの調子が悪いけどね、 なんとかおれの超超超超絶的な朗読術を尽して、 内容が盛り沢山なうえに まったくだ、朗読者泣かせもいいとこだ、 困難きわまりない仕事を しちゃいましたね。 ‥‥ ⊆((>ω<))⊇ 今年3月26日に改稿もな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞‥番外編、親心から。

他の活動をキャンセルしてまでも 取り組むだけの価値がある大仕事で忙しいですんで、 身勝手ながら この「詩歌の可能性をば。∞」シリーズを休載させていただくことにしましたが、 今日ある詩の抜粋を新聞紙で見て、 やれやれ‥ またまたお節介な親心をもって、 ちょっと添削めいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(9)

やれやれ‥おれの娘?(あるいは息子)ほどの年代の詩人の面倒を見なきゃなんないなんて。 (-ε-) 魔の火曜日の辻斬りなんですが、 おれ自身にとっても身につまされる言葉のむずかしさ、 ひらめいたイメージを伝えようとするあまり うっかりとトートロジー(tautology)に陥っちまうこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変な気持ちだな‥こーも立て続けに詩を朗読して。

我ながらなんか勝手がちがうよーな気がしますんけどね。 端境期のお勉強のつもりが なんかこーも立て続けに詩を朗読して、 詩集を出さない詩人の面目躍如とゆーべきか、 まっ、 「嬉しがらせるより目を点にさせることの天才である」 に尽きますんね。 ひょっとしたら 詩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檀香梅(ダンコウバイ)‥四ヶ月ぶりの耳垢。( ̄□ ̄;)

六日ぶりのオフでまんね、 今日はゆっくりと掃除と包丁研ぎ、 昼食は自前のサンマーメンを食べてから そそくさと耳鼻科へ行きました。 また耳の調子が悪くなってねぇ‥ この時候ですから 花粉症に悩むお方々と子供たちの予約がいっぱいなのを 見込んで1時間前に行ったのがよかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作英詩'Manly Fictions'を詩動画で全世界へ!

てっへ。てっへ。 日本詩歌のみならず、時には 英詩を研究しては いろいろとね‥ その勉強の成果を問う意味で みずから英詩を一篇書いて 三度にもわたる推敲の末に ようやく完成稿にまで漕ぎつけて 何かと詩人の肉声への誤解が根強く残っちゃっている英語圏ユーザーども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10代詩人のためにひと肌脱いであげたよ。(-ε-)

もったいねぇ~!これだけの才能がありながら うっかりと散文と韻文の幽かな違いを聞き逃しちゃって 惜しくも今ひとつの完成度になっちまったんだ。 ‥‥ 見るに見かねて、おれがお節介を焼かせていただきました。 ご参考になるか分からないけどね、 おれが手を入れた稿を以下に載せておきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩動画「さびしい来歴」by萩原朔太郎‥公開どぇす。(*^_^*)

日本近代詩史上に高村光太郎とともに「口語詩の完成者」として 燦然たる地位を誇っている萩原朔太郎の詩朗読にチャレンジしてみたどぇす。 ただあまりにも有名過ぎて愛諳されている詩は避けて、 (何故って、詩はそれ自体音楽ですから、 黙読する読者の脳内にまがりなりにも音楽が響く、という読み方は 詩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩「仙人眉」‥どこのどいつがカワイイとぬかしよって!メッ。

詩「仙人眉」をお見せしましゅ。 仙人眉 げじげじ眉と言ふなかれ 髭を剃られた猫が方向音痴になるやうに おれの眉毛からのつぺり生えのぶる枝毛を 剪定しちまえば おれの人生がさだまりなくなつてしまふ 冀(こひねが)はくば仙人眉と呼びなまほし 鼻毛をカツトすればくさめを起こし易きやうに 地位にありつき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩「しじまでみなぎる」‥オリジナル詩じゃありません。

先週土曜日付けの某新聞誌上で いい詩を見つけてね、 自己完結性の高い作品だけにおれなりに首をひねって ふと「しじまでみなぎる」と口をついて出たんです。 その詩を批判するわけでもなく、 むしろおのが言語宇宙を整理してみたいという切実な気持ちで 原詩の韻律と、行間からおれなりに詩興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩動画「気の眇め」公開。嬉しい息抜きですね‥

今日はシルバーウィークも終わりで、ちょうどオフの日です。 作曲活動を休んで、言葉と音楽の関係にひとつ距離を置いてみようと思ってね、 今朝から20世紀文学の影響力の一番大きかったといわれる詩人、T・S・エリオットの詩を 読んだりして、 彼自身が「荒地」の抜粋を朗読した動画(もっとも映像はアマチュアら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩「真善美の箱・続/僭王」がいかに改稿されたか

‥の過程を、改めてここでお見せします。 すでにこのブログで発表した第二稿。(2007年3月11日) 真善美の箱・続/世評を吸い上げて 世評を吸い上げて これ自体立派な権威を持ってるんだからさ! ポンコツのくせにって? たかが電波受信の函だと仰ってはいけません 地球をくまなくつつみこんで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かき炊き込み御飯。(*^_^*)そして名詩

(*^_^*) 初めて作ってみまんたよ~、 おいしかったですぅけど、まだ改良点が残って、次の機会に さらにおいしく作りたいと思います。 ‥‥もうじきかきの季節が切れるかも、 だってさ、3月に開花するはずの花が、あちこちと路傍に咲いちゃって たとえばアセビ、チンジョウゲ‥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語詩の詩動画を全世界に輸出することにしたよ!(*^_^*)

おれちゃんの世界に冠たる超々々々絶技巧の朗読術をふるったジョン・ダンの詩_ 「責を負うべきこと」'The Undertaking'の動画に 「朗読する声だけなのに、まるで音楽的に聴こえるんだよ?不思議でたまんな~いッ!」と いう英語コメントが寄せられてきたんだよ。 (*^_^*) そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽活動の合い間に作ってきた詩動画をまとめて見て・・

現在進行中の野心的なプロジェクト、 合唱曲に、詩を朗読する俳優の声の表現力に匹敵するものを与えるっつー 音楽活動の合い間に 去年の春から作ってきた詩動画をまとめて見たッスよ。 日本語の自作詩もむろん、 ジョン・ダン、なんとポルトガル語の詩!もまじえて 自分の詩朗読の芸を振り返っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東西合戦!?西は演説上手、東は詩朗読の名手

あの演説におれが感じたことは何も一部の日本人だけでなく、 それどころか英語圏ユーザーたち、 アフリカ系アメリカ人も同じく感じてるらしいッス。 ある新聞記者が「散文的」と評したことは、言いえて妙、としかいいようがない。 ‥‥ ある国の歴史を塗り替える出来事は同慶の至りですけど、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5作ぶりにDV映像を使って満足。(*^_^*)「誰が穏やかな老後といった」

DVカメラ内部に水気が入って、カセットテープ回転に支障をきたしちゃって、 8ヶ月間もDC動画でずーっと我慢してきよったんねぇ。。 でも去年11月にDVカメラ内部が完全に乾燥したらしゅうて、 勝手に(これを自然治癒というべきかしらん?)直っちゃって、 おかげさまで、存分にカメラマンとしての腕をふるっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あんがとよっ‥おれの詩朗読と合唱曲がいい影響を与えたみたい!

(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*) アマとプロとを問わず、 俳優による詩朗読と、さまざまな声部による合唱曲との融合をめざすおれちゃんの 野心的なプロジェクトが、 どうやらいい影響を与えてるみたい、 ‥‥ だっはは。。 日本国内だけじゃなく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル人も自国の詩の真価に気づかなかったんだよ、

おれのフロルベラ・エスパンカの詩朗読を聴くまではね。。 ( ̄~ ̄)ξ 現にPimさんが個人メッセージでこう言ってくれたんだよ、 「(おれの一夜漬けのポルトガル語勉強で朗読したことに)あんぐりぃ~(゜Д ゜) ‥今までは、ブラジル人俳優、ミゲル・ファラベラが、 どーもなァ、フロルベラ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほっとしたァ!( ̄□ ̄;)!無謀な詩朗読の試みが、

さっそくよこして下さったポルトガル人のチャット仲間のコメントで、 大々々々的な大成功を得たようですねぇ。。 ‥いやァー、ほんまに生きた心地がしなかったもんわぃ。 20数年前にブラジル・ポルトガル語を独習したきり、 すっかり忘れちゃったから、 ここはひとつチャレンジしてみよう、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無謀な朗読の試み‥ポルトガル語でフロルベラ・エスパンカの詩!

あんねぇ‥ つい昨日出来たチャット仲間はね、リスボン生まれのポルトガル人で、ロンドンに在住してて、 なかなかいい奴なんだよ。 イギリス人かと思ったけど、ポルトガル詩人フロルベラ・エスパンカ(Florbela Espanca、1894-1930)の詩が 好きかしらん?と言われたんで、 顔立ちを見て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩動画?「でんぐり返しの頭」公開

台風13号は自転車なみにのろく北上中で、 その動静に全国じゅうがやきもきし通しですね。 こちらはもう来ているらしく、大雨が閉め切りの窓を打って、明日の朝じゅう直撃を受けそーな情勢です。 本当に気をつけなくっちゃね、 猛暑日、物価高騰、その他ともども激動に気の休まる日はないよーですねっ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おれのお袋が喜寿を迎えて‥同年齢の大詩人の詩

プライベートなことですまないけどね、 おれのお袋が明日に喜寿を迎えることになって、 親不孝のかぎりを尽してるおれちゃんが何も言うことばもない。 でもほかの親類が祝ってくれるんだろうから、 おれちゃん、皆の好意に甘えて御無沙汰を決めこんでるフシがあるよーだね。 ‥‥ 敬愛して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩「気持ちののりしろ」再掲‥\365円の贅沢品

去年7月28日のブログ記事をそっくりそんまま再掲します。 今の心境にピッタシですからね。 ‥‥ (2007/07/28) 今日は休日で、ゆっくりとビデオ制作に没頭できました。 ただ部屋の中はサウナ風呂みたいに蒸し暑くて、めげずに頑張っておりました。 無事に完成しましたので、公開します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦隊ママゴンの追悼詩にちょっくら手を入れて‥

お久しぶりですねぇ、隔世遺伝ならぬ隔系遺伝のバカ娘。。 何よりお元気で。。 テレビで鬼神も逃げちゃうくらいど迫力のギザヲタぶりがすごかったんよねぇ~、 君の長所が短所でもあるってこと、ですねぇ。 無駄なエネルギーをどーでもいい知識に費やすって若さの特権というもんですねぇ。。 で、早世され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more