テーマ:

メディアリテラシー‥詩「真善美の箱」

メディアリテラシー(Medialiteracy)という言葉がある。 さまざまなメディアの情報を、批判的な主体性をもって解読、再検証できるという意味がある。 YouTubeという黒船、おれ自身の創作活動と世間の無理解と冷淡さ、マスメディアの構造的ひずみなどから、ネットは使い方しだいでメディアリテラシーの強力な武器になりうるのではな…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

詩は「書く」ものではなく、「書かされる」ものである。

数日前の記事でほかのブログの詩を薦めたら、本人が困惑されたようでした。 そりゃ、「詩を書いて多くの目を集めよう」という意識がないのが何よりいいから。 でもほかの人に褒められて、まあ悪い気がしないけど、ちょっと心外な気持ちがするわけでしょうね。 その気持ちこそは大切、と長らくことばと格闘してきた経験から申しているのですよ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ほかのブログに素晴らしい詩を発見したよ。

向こうさんは、トラックバックを一切お断り、と仰っていますから、 まったく片思いながら、勝手に紹介させていただきます。 http://plaza.rakuten.co.jp/hakubishin/diary/200703080000/ 「春に生まれたカカシ」という詩です。 望蜀の嘆(ぼうしょくのたん)だけど、手を入れる余地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロビデオの注解‥そして、「わるい詩」

くだりのエロビデオに、たしか、英語のナレーションをつけたんだっけ。 まさか、彼女とそのすぐ後別れようとは思い寄らなかったけど、やはり当時としては、ああいうナレーションしかなかった、と思う。 DVビデオカメラを使う前の、DC動画を使った音楽ビデオを意図したですが、 冒頭の木のシーンは、盛唐時代の玄宗帝と絶世の美女、(それだけ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

よかったら、書きかけの「ポルノ詩」を見てよね。

まだ、未完成で推敲中の詩ですが、 「ポルノ詩」と触れこんだとおりの内容です。 エロ話のお嫌いなお方はご遠慮ねがいます。    (***) わたしの学校は男女共学で、 よりすぐりの生徒だけが選ばれて 進級する高校に通っている頃は 思春期がもうとうに峠を越えて 初体験の相手探しへの焦燥感がひいちまっていた。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「女性は個性をもたない」は名言。返し歌としての詩。

今、某新聞のインタビュー記事に、見事な名言を見つけちゃって、思わず感激したんだ。 広告特集の一面記事ですが、彼女が「職業人」として、「女性」としてインタビューされたものです。 うむむ‥‥ ほんとにうまいなぁ。 実はね、おれ、作曲家としてJ-Popsを参考までに聴いてるけど、彼女の作詞センスを、デビュー当初から高…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

2月らしい寒い日ですなぁ。

寒さが戻っちゃって‥ 今日はパート勤務にせっせっと、ごく真面目にいそしんでおりました。 なぬ?おれのごく真面目な顔は想像できない、だとぉぉおおおお====! しかし、だねぇ。4年前のビデオ作品は、とにかく”幻の名作”(?てめえがそー思いこんじゃってんだぜぃ。文句あっかい!)から、やっと皆さんの前に公開されて、ほんとうに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

絵文字の意外な鉱脈‥ブレイク「虎(Tyger)」

絵文字って、面白いね。おれ、出会い系サイトでだいたい19歳の女の子とメールをやりとりしてみて、絵文字と文章の組み合わせに感心させられたッスよ。 でもさぁ、出会い系サイトって、所詮お金と時間の余裕のあるひとしか出会いを達成出来ないんで、おれ、誰ひとりにも出会わないまま撤退したんだ。 女性の執念って怖ろしいからねぇ。 19歳の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more