テーマ:沖縄方言

詩歌の可能性をば。∞(32)‥沖縄方言まぜの現代詩の失敗作を直して。

しょっぱなから失敗作と断じては大変無礼にあたるかもしれませんが、 宮澤賢治の盛岡弁まぜの珠玉作「永訣の朝」(「春と修羅」第一集」から)という先例もありますから、 沖縄風俗とユタ(巫女)によるマブヤーグミ(招魂儀礼、たまよばい)を 沖縄本島全体の問題に広げて歌おうとする気概も 沖縄方言をまぜての詩作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more