5月の掉尾として散文練習っ。

短篇小説執筆の前にちょいと文章ウォーミングアップとして。


(0^0^0)



たった今書きつけた日記の一文。




午後6時26分
 ほぼ1時間の仮眠の後、換気扇を回し窓を半開きしながら、みずから戒しめつつある積年の深酒の予防として、わざとらしく遅らせに遅らせてきたひっかけ一杯で少し活力を得て、部屋干しした洗濯物を畳んだり今朝の洗い物を片付けたり、晩御飯の用意をし、欠かせぬ日課として夕刊をじっくり熟読したのに飽き足らず、ボルヘスの散文詩集(ただし無韻律だが、素晴らしい表現法で埋め合わせてあまりある)「創造者」のある1編を愉しく読んだり、いよいよ涼やかで重々しくのしかかってくる夜気に身をさらしていた。―梅雨の晴れ間のある夕宵であった。




伸縮自在にして適材適所ならぬ適文適所の芸当を


尽した文体。


( ̄^ ̄)☆彡




60枚目を超え始めた短篇小説今作はね、


まるで宇宙人みたいな主人公、つか群像劇、ってか、デタラメ年代記のよーな


趣向で、


ハチャメチャカな絢爛過ぎるッ!文体を


まぁ、遅々たるペースですが、


繰り出しちょるもんだねぇ。


ほほほ♡


ボルヘスちゃん♡


いや、全世界のSF作家たちからも


総スカンを喰らっちゃったりしてぇ♡


だっておらがデタラメさは世界超一級品だもんね♡


(だってさぁ、デタラメに辻褄を合わせたつもりが、


海外各地から「あっ!身に覚えのあるぅ♡」と共感を呼び続けてきたのが、


これまで実証済どすぇ♡)


じゃあ、頑張りますっ!


(*^_^*)



画像




この夏草ツユクサの花期は明日6月に始まるはずですが、


平年より早過ぎッ!梅雨入りをすでに2週間も先取りしてたみたいに


出来(しゅつらい)してきたんですよ。


なんか気象予報士の何倍も精度が高い予報能力を持ってるねぇ~。



(*^_^*)


"5月の掉尾として散文練習っ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント