早咲きの沈丁花はいい香り!(*^Ω ^*)

3月に咲くはずの沈丁花がもう咲いちゃって


いい香り!があたりにたちこめて


くんくん。。


我が鼻をくんくん。。


快感に震わしてやったんさっ。


(*^Ω ^*)



あー、


いい香り!


でもこんな早く咲いちゃっていいかしらん?


この香りも早く消えて行くことを思えばいささかの心配もなくもないんね‥


(*^Ω ^*)



画像




昭和から平安にかけてご活躍されたすぐれた歌人の作に感動して、


本歌取りさせていただいた一首。





つきつめて励むは苦しかりそめに助かる間にて沈丁花かも





どーかこれ以上のご詮索は平に容赦のほどを。


だって


勉強三昧の日々にてわが浅学非才のほどを思い知らされ


学ぶことを愉しみとしておりますんで。。



‥‥


(*^Ω ^*)



ちょうど今日はオフでいわゆる「至高のライバル対決」を


テレビ生中継で愉しませていただきました。



キ○・ヨ○さんの世界最高の完成度の演技に実に見惚れちゃってね、


もはや金○ダルがゆるぎないんや!と思いましたが、


直後の真央ちゃんの演技を


続けて見届けとかなくっちゃ、と留保をつけました。




だってさ、おんなじ19歳同士の女王争いなんて


めったに見られないもん。


‥‥フィギュアのことが分からなくって


てんで門外漢の徒としてね、


二度のトリプルアクセルジャンプを決めた後の演技に


急に元気がなくなっちゃったのが素人目にも分かって


採点のほどはいかが?と


案じられたくらいなんです。



(*^Ω ^*)



結果はご周知のとおり。


新聞で詳報をいろいろと知っておれのテレビ生中継を見て感じた感想を


整理してみてね、


真央ちゃんがああいう時点で無理しなくてよかったなァ!と思ったもんです。


もしあの時点で大技にもうひとつの大技を足して逆転勝ちを狙おうと


焦ってしまったら


逆にメダルが獲れなくなっちゃったりして。


(*^Ω ^*)



ですから


後半で2度も不調なジャンプに終った真央ちゃんが


秒コンマ単位で


「あ?これ以上大技を出す必要があってよ?

ちがう!

メダル獲得とかライバルに負けたくないとか

そんな屁理屈なんかとはちがう!

わたしの体がそう言ってるわ!

もうこれ以上は無理しなくたっていいや!

決して、決して回りへの言い訳なんかじゃなくってよ、

わたしの体がそう言ってるのよ!」


と、まさしく自分の限界に挑んでやまない体との対話に


始終打ち込んできた末の結果にほかならないもんです。


限界、と認めるのはたやすいけれど


ああ弱輩ながら


思いとどまっただけでも大したもんです、と


満腔の敬意を表したくなる。



(*^Ω ^*)




公式試合ではああいう結果になって残念だけど、


彼女自身のコメントを聞いて、


自分の体との対話の点では


まさしく金メダル級ですよ。


つまりさ、


秒コンマ単位でああいう時点でいわゆる「のびしろ」を将来のために確保しただけでも


逆に真央ちゃんのほうが凄い!と思えてなりません。



(*^Ω ^*)



いえいえ、


ずーっと前から


キ○・ヨ○さんの実力を低く見てきたわけじゃないんだ。


すっごいんねぇ‥


ああ完成度の高い演技は


欧米圏の選手たちにはないもんだよ!と


折り紙をつけて絶賛したいくらい。


SPとフリーの選曲を見て


彼女はどんな難曲にもぴったし合わせられるんだよ、との


思いを強めてきたもんです。


全世界の誰も演奏をいやがるおらが難曲で


滑って欲しいと思っているくらい。


ですから、むしろ今後が愉しみ。


どーぞ、どーぞ、


思い切りやりなはれ!




(*^Ω ^*)



‥‥こういう結果になっていても、


まだまだじゃないかしらん。。


と感じているのはおれ一人でしょうかねぇ、


隣国とこの国とも。


ご両方とも


おたがいになお芽生えてこない可能性を


めいめいの努力で新たに発見しつつ


しのぎを削りあって


それぞれ欧米にはない魅力的な演技の華を


咲かせて欲しいと


思っていますぅ。


(*^Ω ^*)




まだまだバ○○○バ○○輪さえも


ほんの前哨戦に過ぎやしないかしらん、と


心底から愉しみにしていますぅ。


ご両方とも頑張れ!


(*^_^*)









"早咲きの沈丁花はいい香り!(*^Ω ^*)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント