詩歌の可能性をば。∞(132)興梠隆『七月尽』への可能性をひとつ。

嬉しい俳句十五句にめぐり逢えて、とても愉しいひとときを過ごせました。 いえいえ、それはそれで完成度が高く、申し分ないですが、 連想をうながされ、おれなりに興梠隆『七月尽』のうちの七句に、 新たな視点から切り込んで、可能性をひとつほのめかして見た次第です。 まず、興梠隆『七月尽』十五句を掲げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きのふの食べ歩き。手料理三昧の息抜きじゃ~♪

いやぁー、殺人猛暑の次は、殺人豪雨ときたぁ。 めっちゃ大荒れに荒れてんじゃん、今夏は。 秋の気配が忍び寄りくるまで、ま~だま~だ2ヶ月もかかりそぉ。 手料理三昧の日々じゃどーかなぁ。と思ってね、 たまに食べ歩きしてみて、 いろんなお勉強もしていいじゃないかなぁ。と 自分の薄っぺ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷暑に悩める列島へ、7年前の音楽ビデオ「愛には期限なし」を贈る。

おたがいさまァ、早すぎる梅雨明けと長すぎる日照時間とで、 なんつーか、季節の乱気流の観を呈してきているとゆーべきか、 猛暑とゲリラ豪雨に掻き回されっぱなしの我らが日本列島ですね。 今日ね、 夕べの天佑神助というべき天の打ち水で 暑さ対策の盲点を見直させられ、 日中で暑気がこもり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩歌の可能性をば。∞(131)自作句込みの日記体散文。

クレージーな暑さだわぃ、早すぎる梅雨明けの酷暑列島って。 してみりゃ、平年だったらこちら関東甲信地方の今月21日あたりで梅雨明けするまでは 雨雲のスクリーンで暑熱を遮蔽され、不快指数うなぎのぼりの高湿に閉口するものの、 まがりなりにも涼しい日々を過ごさせられてきただけでも つくづくとありがたいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季感の出鼻をくじく猛暑ぶり‥散文練習っ。

まいったね、平年なら梅雨空に夏至から一ヶ月も経たぬ日差しを 遮られ、普段どおりの四季感からしては 涼しい日々を過ごせてきた筈が、 平年より早すぎる梅雨入り、また早すぎる梅雨明けで 突然に過ぎる灼熱に悩まされ、 まだ暑さに体の準備が整っていないのに8月並のも~暑が襲いかかってきたから、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の朔(ついたち)のちょい散文練習。

7月が始まったね。通気性の悪い部屋なんで、 先が思いやられますね(笑)。でもまぁ、これまでの暑さ対策の 学習効果がじんわりッ。と出てきたせいか、 温湿度計、体感温度、風通し、その都度の対処で 無理なく、どちらかといえばすいすいと暑熱ビームの裏を かいくぐっては、体調にさしたる変調をきたさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more