詩歌の可能性をば。∞(107)今日付朝日夕刊の素粒子を添削して。

新聞って、けっこう面白くも多彩、絢爛なレイアウトが


全頁にもわたって溢れて、


読者を惹きつけようとさまざまな工夫をこらしてんが


ありありとうかがえますね。


ずーっと愛読して、


忙しいときにまず真っ先に目を通すのは


夕刊の場合、


1面のコラム、素粒子ですが、


13字×4行×3連(合間に☆をはさみながら)の


体裁ですねぇ。


かねてより


なかなか文章センスを持たれる執筆者に代わったらしく、


おやおや、面白いね!


でも展開は今ひとつだな‥と


ずーっと注目しておりました。



(0^0^0)



今日のはすんげぇ面白かったが、


ちょっとひと工夫がいる。


(0^0^0)



なんせ天下の大朝日新聞ですぅもんね、


原文の掲載は差し控えさせていただきます。


ただ☆マークを合間に差し挟みながら


13字×4行×3連の


おもろい体裁(現代詩の韻律につながるかもぉ、ね??)に


興味を持ちまして、


詩歌添削人の余興として


添削してまいりましたのでございます。



(0^0^0)



添削した「素粒子」の文は以下のごとし。




 素 粒 子 
 


 いわば我ら庶民のようなも
のだな、とにわか物理学者。
空間に満ちるヒッグス粒子。
なかなか見えないところも。
     ☆
 権威の重さは見えなくても
伝わるものだと勘違いしたの
が悲劇のもと。検事に可視化
の不満なお強く。実感遠し。
     ☆
 たくさんいるのに見えない
ふりを続けるのが権威の癖。
水俣病の症状がある住民を救
済の枠外へ。申請は月締め。



素粒子の筆者が権威の軽重をヒッグス粒子か?の発見に


ひっかけて揶揄する発想は


高く買いますが、


出来栄えは今ひとつ。


またまた要らぬ老婆心から


こう添削させていただきました。



(0^0^0)



へぇー。


電子書籍の時代到来と謳われても


紙媒体でも


こんなおもろい素材があったとはねぇ♡(あ”ぁー、またやっちまったァ!)



(0^0^0)




画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック