市販の焼きそばを使って海鮮クリーミー焼きそば。

創作活動に忙しくて、新レシピ開発をなおざりにしがちでしたが、


どーゆーわけか、たしかね、


去年8月末に懐石料理店で


親族が集まっておれのお袋の傘寿祝い会に出て


食材の組み合わせ、素晴らしい味に舌鼓を打って以来


さすがに勉強不足と反省し、


なるべく機会を見ては新レシピ開発に挑んできた。


今出回ってる新たまねぎだって、


丸ごと煮詰める料理しか知らなくって、


昨日の朝テレビで見た料理に触発され、


↓セラミックおろし器をポイント込みで買ってきた。



画像




ホント、便利だよ。


こんなら他の料理に生かせる、たとえば生姜焼きとか。


失敗作ですが、


作り置きしたきのこのマルサラ風ソテーに新たまねぎおろしをかけてみた。


ちょっとね‥


まぁ、参考までに。


画像




今晩はまだ残ってるきのこのマルサラ風ソテーを使った新レシピで挽回してみます。


で、海鮮クリーミー焼きそば。


使ったのはマルちゃんってやつの市販品です。


塩焼きそばもありますが、最後の仕上げをイメージしてソース味を選びました。


するめいかが欲しかったが、


あいにくと売り場を探し回っても売りに出なくて、


そこでボイルほたて5個入りパックを買ってきた。


冷凍むき海老がまだ冷凍庫に残っていますので十分。



画像



↑ボイルほたて、解凍したむき海老に塩と小麦粉をまぶしてよく揉みしだく。


しばらく(だいたい20分くらいかな、おらが目分量でいいかげんですよ)置く。


フライパンに油、バター各大さじ1をはって、


先にボイルほたて、むき海老を炒めて白ワインを振る。


ボールに戻しておく。


同じフライパン(洗わなくていい、そのまんま)に油大さじ1をはって、





画像



新たまねぎ、にんじん、緑ピーマン、白菜、エンリギ(切り方はお好みでいいんよっ)を炒める。


ボイルほたて、むき海老を入れてから


蒸し麺を一緒に混ぜ合わせ(市販品の説明どおり水を入れてほぐすこともお忘れなく)、


牛乳だいたいカップ100ccくらい、入れます。


味をみて付属のソースを入れてよく混ぜ合わせます。


最後に生クリーム50ccくらい、入れて火を止めて出来上がり。


お好みしだいで紅しょうがを振ります。





画像



あ、注意。


創作活動の時間を確保するために、


いつも晩御飯と翌日の昼御飯を同じ献立てでまとめて作ることにしていますので、


市販の焼きそば3人前を一挙に使ったのです。


おれのいつも取る量は一回につき麺類1人半前ですから、


注意してよね。



(*^_^*)





総菜パンブック
主婦の友社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 総菜パンブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック