2年前の詩動画「返歌☆どうしてそういうの」リバイバル公開!

2年前の7月に、谷川俊太郎の朝日新聞に連載してらっしゃる連詩の一作「彼女を代弁すると」を


読んで感動し、


現在とまったくおんなじよーに、


詩想をうながされ、


すぐに「返歌☆どうしてそういうの」という詩を書いちゃいました。


ええっと‥


その詩を顔を見せない朗読した動画を


2年前の秋だっけ??


公開しましたね。



( ̄^ ̄)




情報発信に焦るあまり、


谷川俊太郎さんの詩をブログに載せちゃうブロガーどもが


多くってね、


なんつーか、


リスペクト(尊敬)と情報発信に責任を持つことはわけが違うっつーか、


おれ、敢えて尊敬する詩人の原詩を載せなんだ。



(-_-メ)



でも。。


(*^_^*)



すぐれた韻律感覚の持ち主にほかならない谷川俊太郎さんと、


そしておれ自身の韻律感覚と表現などとの化学変化というべき衝突ぶりを、


詩とは何か、という問いへの


実作に代えての答えを


見せるために、


きっと谷川俊太郎さんからお目こぼしいただくでしょう、


敢えて今回は


原詩を以下に掲載しておきます。





彼女を代弁すると


      谷川俊太郎




「花屋の前を通ると吐き気がする
どの花も色とりどりにエゴイスト
青空なんて分厚い雲にかくれてほしい
星なんてみんな落ちてくればいい
みんななんで平気で生きてるんですか
ちゃらちゃら光るもので自分をかざって
ひっきりなしにメールチェックして
私 人間やめたい
石ころになって誰かにぶん投げてもらいたい
でなきゃ泥水になって海に溶けたい」

無表情に梅割りをすすっている彼女の
Tシャツの下の二つのふくらみは
コトバをもっていないからココロを裏切って
堂々といのちを主張している




新聞紙上ですから


字数が限られていますが、


さすが谷川俊太郎さん!


うまくまとめあげている。



(*^_^*)



ですから、


おれなりに大胆に壮年らしい表現をまじえて、


以下に


返歌しました。





返歌☆どうしてそういうの



    唐井誠二



何見てんの わたしのとりえが?
アルコール度数の弱い酒で悪かったわね
そりゃあことばを大切にするのは
分かるけど あんたみたいに練れてない
ことばの字面がギスギスっぽくなっちゃうって
限られた字数であくせくと気持ちをつづるクセかなぁ
わたし 人間やめたいとおもっても
女やめたいとおもったことないわ

花もそらも
満天の星もゆるがせない
大きなものばっかし大きな顔をしてて
みんなが平気で生きてるのは
自分の小ささを気づかないから
つい大きなものが崩れ落ちるのを心待ちしてる
花はエゴイストって
わたしの小ささを見てるからかも

どうせなら石ころでもいいんや
いっそ海のもくずになって沈みたい

でもありがとう
与えられたいのち 人間やめても
何もかも飲みくだす 女続けるわ

あなたはわたしの欠けたところを埋めてくれるの
わたしはあなたの出過ぎたところを飲みこんであげる




(*^_^*)



ね!


唐井誠二ならではの「言葉の聖なる暴力」の真骨頂だっちゃ。


その詩を朗読した動画は


以下のURLでどーぞ!


http://peevee.tv/v/7vdyd4





画像




現時点でまだ公開承認されませんが、


見切り発車まで。


よしなに。





谷川俊太郎 oblaat01 ポエミクロシリーズ 「顕微鏡のための詩 五編」
グッドアイデア株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 谷川俊太郎 oblaat01 ポエミクロシリーズ 「顕微鏡のための詩 五編」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

詩は歌に恋をする~DiVa BEST
コロムビアミュージックエンタテインメント
DiVa+谷川俊太郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 詩は歌に恋をする~DiVa BEST の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

親から子へ伝えたい17の詩
双葉社
ドロシー・ロー・ノルト

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 親から子へ伝えたい17の詩 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック