詩歌の可能性をば。∞‥若き才能たちのリベンジを!

ツイッターから転載さしていただきましょう。


時系列に候。


21時間前(ブログ前記事公開直後)。


「稀代のことばレイプ魔‥ふっ。娘を犯しちまったよーでいい気持ち、って不道徳千万だよね。はい後ろ手をお縄にかけてくださいまし。」


同時刻。


「さっぱりした。/黒ずむやまめに風呂浴びぬれば梅雨/一句。 」


2時間前。


「快晴にもかかわらず、湿度が上がってシャツが汗でべたついて不快感。部屋で脱いで上半身を裸にして風を採り入れている。重たい仮眠。 」


17分前。


「決まった。明日はオフだから扇風機設置しよう。今は夕涼みのおかげでやっとシャツを着て、やや快適。/ぼったくり熱は梅雨入りならではの/たった今ものした一句。 」


3分前。


「いいねぇ!!おれの娘と息子ほどの若き才能たちに大いに刺激されまくって、わいわいと日本詩歌の可能性をネット時代で新しく拓きだすってよぉ。樹木医ならぬ韻文医としても若き才能たちのリベンジがうんと愉しみ。頑張~れっ(*^_^*) 」




ネット時代に稀有の語感と音感の持ち主としての


おれの立ち位置って、やっぱ日本詩歌の新たな可能性を拓きだすために、


現在の俳人、歌人、詩人たちの韻文の「表現の迷い」、「ためらう表現」、「全体の構想力の欠如」など‥の


病巣を目敏く見つけ、


借詩法という名の治療につとめ、


自然回癒力の向上にいそしんでやまない「韻文医」ですよね、


別に権威をひけらかすつもりもなければ


先輩風を吹かすつもりもないんだ。


ただせっかくの才能を、ここで潰されちゃもったいない!!と


50代詩人、ってか、むしろ他人の言葉をレイプすることに


倒錯した快感を覚える変態きわまりねぇ=クソエロオヤジのほうが


正しいってか、


おれの親心と老婆心をうんと今後もふるわせていただきますぅ。


(*^_^*)


それにつけても


ほんまに嬉ちいぴぃ~ッ!!!


日本詩歌に真剣に創作していらっしゃる10代、20代の若き才能が


輩出しているもんだよね。


ケータイに夢中になってる若者たちの行く末を心配してきただけに


まんざら捨てたもんじゃない、と


しみじみと嬉しゅう思っております。


どうか何卒


どんどんいい作品を書いてくださいまし。


もちろんこれまでにも


おれに辻斬り、ってか、


レイプされまくって「ことばの純潔を汚された」悔しい気持ちを


俳人、歌人、詩人たちが心底から感じて、


「よぅ~しッ!


その手で来るなら


唐井さんの目をひんむかせるすっごい作品を


書いてやるぞッ!!!」


とリベンジに燃えて下されば


嬉しさこの上なきことですよ。


かもーん!!!


でわw


よろぴくね。



(*^_^*)



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック