一括妥結案「グランドバーゲン」には提案がある。

そもそも6者協議が発足したのは何故か?


通常戦力が異常に大きいため、


それを減らすとなると


どうしてもかつての戦争をともに戦った隣国の戦力に頼らざるを得なくなる。


それじゃあ、かつての戦争の再現につながるでしょう。


何が何でも自分で独力でやんなきゃなんないチュチェ思想は、


それ自体立派で、


どんな経済制裁にも耐えてこられただけでも


絶賛に価します。


しかし、先軍政治は余計でしたね。


おれの提案は、


先軍政治を捨てて経済優先とせよ、


すべては体制保証のためと思って欲しい、


核戦力を持つことによって


一点突破しようと動いてきたこれまでの経過を


しっかりと思い返して欲しい、


ということです。


それこそは決してチュチェ思想のほうの限界点ではなく、


余計な一物、先軍政治のほうの限界点が


露呈されているんです。


ですから先軍政治を捨てて、


経済優先とすれば


あなたがたの体制保証になるんです。



それにしても誤算がありましたよね。


IAEA脱退ですよね。


たとえ核実験に成功しえても


信頼性を持たれるにはまだほど遠いため、


「核保有国」と認知されるには


まだほど遠いでしょう。


むしろ核兵器開発途上の段階で


まだ「核未保有国」の扱いを受けても仕方がないでしょう。


IAEAの査定を受けて


あなたがたの「強盛大国」が国際的に認知されるようになるかどうかね。



また6者協議も


かつての戦争の再現を招かないようにするための


予防措置の一環でしょう。


どうあっても○国と二ヶ国協議で関係正常化に踏み切りたがられるのなら、


今やあなたがたの体制を変えようと考える誰もいない情勢にあっては


先軍政治にこだわるあまり


やれ核実験だのミサイル発射だの、


おのが軍事力の優位を誇示する手法にはもはや限界をきたしているでしょう。




だからといって


あなたがたのチュチェ思想を捨てることにはならない。


体制保証といっても今のような閉鎖体制を


続けるならもうしようがないですね。


経済優先しても


結局隣国が成功を見てきた改革開放路線のよすがしかないでしょう。


少なくとも今の通常戦力を保持しながら


核放棄して


東西ドイツ統一が20年経ってもなかなか格差が埋まらない歴史的事実を


おもんぱかって


いっそ「民族統一すればうまく行く」のではなく


「このまま分断状態でも


異なる価値観と体制の民族間で


欧米とは違う民族統一モデルを気長にめざして行く」路線に踏み切って欲しいと


切実に願っています。


現に同じ言語と同じ文化を持つ民族でもなかなか意見の食い違いがままあるでしょう?


この分断状態をネガティヴな食い違いから


ポジティヴな食い違い、すなわち異なる意見と思想を寛容に受け止めて


そこから何らか建設的な方向性を見つけていく状態に


変えていくためには


やっぱり軍事力に拠らない、


経済優先の方針しかないでしょう。


そのためにあなたがたと同じ体制ながら


資本主義の導入で成功してきた隣国にうんと学んで行けばいいでしょう。


それこそは


先軍政治の放棄の意義がある。


世界的には


もちろん金融危機とその他の地球的な問題などの目白押しを受けて


社会主義と資本主義の向こう先の


誰も分らない未知な世界へと


突き抜けようとしていますから


いくら核戦力で相手国の譲歩を得ようとする手法は


もはや昔話に過ぎません。



決して誰もあなたがたの体制を変えようと思っていません。


むしろここまで持ちこたえてきたことに脱帽しています。


しかしもう先は長くありません。



まずIAEA復帰、


6者協議復帰、


「核未保有国」か「核保有国」か、その認定にはまあ手間取るとして、


ただ先軍政治の放棄とはひきかえに


通常戦力保持の果実を得ながら


経済優先のもとに


徐々に国力を持ち直して欲しいと思いますが‥



と申しましても


かく申します私も


以上の提案を聞き入れてくれるとはさらさら自惚れていませんよ。



後は皆さまがたが


どうか自分で考えて


頑張ってくださいまし。




画像








躍動する中国と回復するロシア—体制転換の実像と理論を探る
高菅出版
上原 一慶

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック