唐井誠二の「コルヌコピアエ(豊穣角)」

アクセスカウンタ

zoom RSS 与太話‥国際的信用を失うことのリスクを考えた方がいい、

<<   作成日時 : 2009/11/02 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国民の信を問う前に。


経済的には一流でも、


ほんまに政治、外交は三流、いや、


それ以下ですもんね、


うちの国は。


(−_−メ)


ひでぇ=なァ!


政治主導の型を追い求められるのはごもっともですぅが、


まだ日が浅いうちなんですもんですぅから、


政治主導の型が決まらないうちは


いっそ担当大臣の判断に一任しちゃってみればァ?


(−_−メ)


‥あ”〜ん、


やっぱ、おれっちの懸念が的中しちまったわぃ。


(−_−メ)



民意をマニュアルどおりにしか見ないよーなら、


いってぇ=何のための政○家なんだよぉ?



マニフェストって‥


巧言達者のイギリス発なんですぅもんで、


国民との契約とルソーめかして解釈して拘泥するほうがどーかしてんだぃ。


まったく逆なんだよ!


国民を舐めるにもほどとゆーもんがあるぜ。


生活者目線?国民目線?


っていうか‥


「そんな大変なことを決めるには


おらが民意の何%を汲み取ってくれればなおさらありがたいけど。。


ただおらが暮らしのことで毎日毎日頭がいっぱいいっぱいなんで、


おらが生活実感をはるかに大きく上回った問題は


悪いが、


丸投げ!」と


常々考えて、糊口をしのぐのでせいいっぱいですよ。


だからそのために国民目線を越えた大勢を考えて、


国民をいかに守り通すかを真剣に考えてくれる政○家が


いるんだろォ。。


ふらつき、ふらつき通しで、


何事も決まらないなんて!


見ていられないよ〜んッ!。。



(−_−メ)


ほっ‥?


(−_−メ)



‥へえっ?


外相の仰ることって?


まァ、相方が脅しめいた口調(そりゃァ、英語ですもんね。。)でああ言ったからとて、


言葉の違いを越えて、


ここは冷静に損得勘定を考えたほうがいい。


沖○県民の苦しみは、


本州に住んでいるおれもさすがに負い目を感じてやみませんが。。


なんつーか、


運の悪いことだんね、


もし沖○が100kmでも東方にずれていたら


今のような事態にならなかったはずだがね。



何でもかんでもマニフェストを守ろうとする姿勢は


まるで外国語を無味乾燥な逐語訳にしたがるのと同じで


全然融通無碍もないことで、


「国民との契約」を原理主義めいかした解釈で通そうとする


‥なんつーか、


ほとんど狂信的に近いんだよね。


いったい政治って何のためにあるんだよ?


「可能性の芸術」と呼ばれ、


きれいごとがてんで通じない現実だからこそ、


ここは


きれいごとをどんなに減らされても減らされても、


残り少なくなったきれいごとにいかに全力を注げるかを


考えたほうがいいんだろ。


たとい自分の代ではその残り少ないきれいごとが実現できなくても


後代に託する手も考えるのが


政治というもんだろ。



マニュアル政治家だよんね、


ほんまにキモ〜イもんねッ!



(−_−メ)



画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
与太話‥国際的信用を失うことのリスクを考えた方がいい、 唐井誠二の「コルヌコピアエ(豊穣角)」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる