この罪深い耳を信じて良質の音楽をいっぱい2乗

創ってまいるっきゃない、かねぇ‥


(T_T)



CDを買う余裕のない境遇ですから、


ユーチューブでいろいろと他のアーティストたちの曲を


聴いてきました。


ゴジラ映画の音楽で有名な伊福部昭さんだけをお気に入り欄に入れました。


武満徹さんは別格的存在


(だってドビュッシーの影響下にある曲でもしっかりと彼独自の語法が


聴かれて、誰の影響を受けたか、そんなことなんかどーでもよくなっちゃうんだもん!)として、


嬉しいね、


伊福部昭さんの音楽も本物だからね。


大変申し訳ないが、


他の作曲家の曲を聴いて、


「あそこに手を入れればもっとよくなるはずだが‥」と


演奏家の技量を透かして


よく分かっちゃうんだ、


下手な演奏でも楽曲の良し悪しが。


(-_-メ)



そう!


おれの耳はこんなに罪深いんだからね。


今の人気作曲家の曲に何が足りないか、


もっと手を入れればどこが良くなるか、


いっぺんに分かっちゃうんだから、


なんつーか、


怪物的なとしか形容しようがない「世評」の前では


沈黙を決め込むっきゃないんだ。


(-_-メ)



ネット?


そんなの当てにならんよ!


再生回数の多さなんか、作品の質を保証するわけじゃないんだ。



やっぱ、生前の評価なんか


つくづくと当てにならんもんだねぇ。。



でもぅ、


少なくとも最近公開した合唱曲二作、


「死の稼ぎがしら」、


「人類浄化計画」は


てめぇの口から言っちゃなんだが、


グレゴリオ聖歌以来の合唱曲の歴史を引き受けて、


おれなりに考え抜きに考え抜いた末に、


日本語歌詞ながら斬新きわまりない良質の合唱曲として


結晶化されたと思っておりますぅ。



‥‥



どうせ、全世界の聴衆たちは、


この革新性をさっぱり分からないんだろーよね。


しかし、


自分のまことに罪深い耳を信じて、


どんどん良質の音楽をいっぱい2乗


創ってまいりたいんね!


貧窮のうちに一生を終えようとも、


そんなの一向に構わないんじゃないの!



まァ‥


作曲家としてメシに困んないよーになれば


それに越したことはないんよねぇ。


歌手?


おれちゃん、


どちらかといえば自分の声を利用する作曲家、


と定義づければ正しい。



( ̄~ ̄)ξ



どうも失礼しつかまつりました。



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック