成功に一度味をしめたら、後は怖いですよ(>ω<)

画像

(>ω<)


これはね、夕べ作った酢豚を今日の昼食で食べてるとこ。


おれちゃんの経験からは、


ちょっと苦い教訓。


成功に一度味をしめたら、後は怖いってさ!



‥‥


しかし、と思うんだ。


なかなか何も学び取ろうとしない人類のことだもの、


何が良いか?


何が悪いか?


いっぺんそれを目の当たりにしてみないと


現実に何をすればいいか、明確に分かってくれないからさ!


(>ω<)



逆説的にいえば


ああいう前任者だからこそ


歴史的な瞬間を今日び迎えられたんですよ。



(>ω<)



そんなふうに歴史が作られていくもんだから


なおさらタチの悪いことだ。


ですから、


誰かさんが仰ったよーに


「スマートパワー」(軍事力だけでなく、経済や文化などが持つ影響力を駆使するってな。


smart power)は、


はたしてね‥


そーは首尾よくいくかねぇ。


それイケイケ、とばっかりに


駆使すりゃ反発も出るしね。


(>ω<)



国際舞台で政治力のなさで悪口を叩かれてるニッポンに


「もっと自信をもって影響力をふるって欲しい」と


忠告してらっしゃる外国の友人たちに


おれ、こう言い返したいんだ。



(>ω<)



だってさァ、


日本の世界史に稀に見る近代化の成功物語を


さっと振り返って貰えれば、


いっぺんに、「日本人が自信をこれ以上持ちたくない」というトラウマが


ご理解いただけるはず。



(>ω<)


約200年にもわたる鎖国の末に


黒船で太平の夢を破られ、


あれよあれよというまに明治維新へと流れちゃったでしょ、


ときには1868年。



(>ω<)



わずか37年にして明治政府の富国強兵とゆー急造な近代化に成功したばかりか、


なんと白熊に犬が挑みかかるよーに


ロシア帝国と戦争して、なんと奇跡の勝利をおさめたんだ。


ときには1905年。



(>ω<)



それ以後の日本は、すでにご周知でしょう。


自信を持ち過ぎて、


天狗になっちゃって、


暴走しちゃって‥


あげくに一億玉粋!とゆースローガンのもとに


‥‥


まァ、わずか40年後にして焦土と化して、戦争に負けちゃった。



(>ω<)



ね!


日本人はこれにトラウマを抱かされちゃって、


「もーあんな思いはいやだっ!これ以上自信をつけ過ぎると後は怖いっ!


万年2位でいいもんですぅ、


米追従外交、とバカにされても


中東の国々になんだって原爆を落とされたのにアメリカに


すり寄せやがるんだよっ?と怪訝がられても


国際政治で発言力ゼロとバカにされても


いいもんですぅ。。」


と妙に開き直っちゃって、ここまで来たんだよ。


(>ω<)



だからね、


日本の成功と失敗をわずか150年で経験したわが先人たちからは、


なんていえばいいか、


「成功に一度味をしめたら、後は怖い。


自信をこれ以上持ち過ぎると、


後は破滅が待っているだけ。


万年2位で結構ですっ!


発言を求められても


‥‥(しーん、と黙っている)」


なんて、トラウマを受け継いでるわけ、


今のニッポンは。


コバンザメの国と揶揄されても結構、と


割り切っているけどね。


(>ω<)


何も発言しないなんて、やっぱし問題がありますよね。


やっこさんらの掲げる「スマートパワー」に対して、


「モデストパワー」(modest power、控えめなパワー)の


お題目を掲げてやろーじゃねぇ=か。



‥‥



ですから、日本人に「もっと自信を持って」と言ったって


ちょっと無理かな、と思いますぅ。


もちろん現状のままじゃいけないから


改めて日本人にしかない美徳を見直して、


modesty(謙遜、遠慮、内気、しとやかさ)をうんと生かして


ジャングルの掟が横行しがちな国際舞台へ


新風を吹かせればいいんだね、と


思いますぅ。


(>ω<)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック