まだ筋肉痛がヒシヒシ‥(*^_^*)

平地でいくらトレーニングしても本物の山を登らなきゃ意味がない、と


思っていてね、


なんとか収入難状態で


交通往復費を工面して(昨日は2千円ですませられ、


しかしほかにも食料調達費もかかる)


一ヶ月か、悪ければ数ヶ月に一回でもよいから、


思い切り昨日本物の山を3年ぶりに登ってみてよかったッス。


(*^_^*)



立派な登山まめが足裏に残っちゃいましたし、


段差だらけの山道を約15・5kgの大型ザックを背負って


のべ5時間も歩いて、さすがに痛いの、なんのって。



‥‥


でも山道は、平地でたとえ世界トップアスリートなみの体力を誇っても


ふだん使わない筋肉をかなり使わせられるから、


これくらい当然だよっ、


むしろこん筋肉痛が嬉しく思えるんだよねぇ。。


十分に休み、


十分に歩き、


段差だらけの道への全身じゅうのバネを


鍛え上げるって、


まるでおれはただのビギナーに戻っちゃって


これからおのが伸びしろをイチから試せるなんて


素敵じゃあない。



偉大なクライマーが遭難から立ち直って


リハビリに成功し、驚異的な登山記録を残した逸話にも


こと欠かないでしょう。


‥畏れ多くも、明らかに月とスッポンですけどね


なんつーか、


おかしな人間世界のゴタゴタのせいで


生活苦、収入難に追い込まれ、


そしてあの鳥のオペレッタ制作、


芸術活動に集中するために


登山を3年も中断するより余儀なくされちまったけどね。


(T_T)



どんどんほかの登山者たちに追い抜かれてもよいから、


アルパイン・トレッカーと芸術家の両方とも新たな頂点をめざす復帰の第一歩として


昨日の登山をして嬉しかったんですんよ。



悪い知らせですぅけど、


またまたDCカメラが壊れちゃったんで、


もはや画像が撮れなくなったんだ。



リアルタイムでなく、


過去の画像でしばらくお茶を濁してっくっきゃないんね。



画像





2005年12月26日に


犬越路コースから檜洞丸を登ったのが


最後の登山になっちまったんだけど、


今改めて、ビデオに残した山行録を見直してみると


やはり驚異的というしかないんね。


2005年12月8日(木)にね、


ヤビツ峠→塔ノ岳→大倉のトレッキングをしたんだ、


ヤビツ峠(am09:05)→塔ノ岳(pm13:18)昼食時間をはさんで


(pm14:20)→大倉バス停(pm16:16)


とビデオの腕時計タイムが記録しているんだ。


すべては休憩時間、ビデオ撮影時間込みだから


やはりおれのど健脚ぶりと足の速さを物語っているんが


よくうかがえるんでしょうねぇ、


しかも約17kgくらいのクソ重たいザックを背負って!!



(T_T)



しよーがねぇんだろ、


3年前の話だから


はたしてその当時の体力をそっくりそんまんま戻せるかどーか、


おれちゃん自身でもよく分からねぇ=んだぜ!



でも、その体力があったればこそ


翌年に40代の最高傑作、鳥のオペレッタ「里子の縁結びの後家」を


完成してのけたんですねぇ。



( ̄~ ̄)ξ



おれの50代の最初の頂点にたどり着くためには


やはり登山をやり直して、


その一方で芸術活動にも頑張って行かなきゃね!と


しみじみと思っておりますぅ。。


(*^_^*)




画像




こん画像は2005年12月8日の山行のときで


烏尾山で撮ったもんですぅ。


(*^_^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック