初雪と冬将軍の足音‥3年前の雪の怖さを思い返すなァ(´ω`)

おはよう、幸いにも今日は飛び石連休で、


どうにかこん世界に冠たるクソエロオヤジの驚異的な登山成長記録のドキュメンタリー大長編、


「たった四ヶ月で丹沢主脈縦走を果たした男 46歳の登山成長記録・139日」が


いよいよ大佳境にさしかかり、


今日じゅうに全篇一挙公開のアップロードを終えそうです。


(´ω`)



初雪、冬将軍の足音を告げる冷え込みぶりが全国的ですよね。。


(´ω`)



3年前に1600m級の低山とはいえ、


例年にない積雪量で本格的な雪山と変わりはない縦走路を生々しい迫真力で


撮ってきた自分のビデオ映像からでも


雪の怖さがひしひしと伝わってきますね‥


(´ω`)




山岳写真とは違って、風音、登山者のザックザックとアイゼンで雪を蹴って歩く足音、


地形に応じて空気の音が違ったりもするビデオの利点が惜しげもなく発揮されているかが、


改めて実感されますよね。


(´ω`)




雪上歩行しながらも自分の手に500gくらい重いDVカメラを持って、撮影する、


とにかくトレーニングの賜物ですね。



(´ω`)




そーゆーおれちゃんの天性のバランス感覚を物語るうってつけの場面がありますよね、


'A Man Sprang into a Fine Trekker_preparation(5)'の


冒頭で、片手にDVカメラを据えた三脚を物干し竿よろしく持ちながら、


危なっかしい急坂をひょいひょいと降りて、途中で転倒するところです。



(´ω`)




そうそう、


面白い出来事をひとつ思い出しちゃった‥


台風二個の迫るなかで標高差約2100mも駆け下りる途中で


(農鳥岳からの最終行程ですね‥ユーチューブで公開中です


'The Long Trail over Clouds by a Trekker(7)')


一度滑落しかけた、


と話したら、まァ、皆しゃまが色めきたつでしょうね。。



(´ω`)





実はね、ぐにゃっと何かを踏みつけた瞬間、


「あ!もぐらじゃない?」と慌てて重心を移動させてその何かを踏み潰さないようにしただけですよ。


横によけて、そばの木の枝をつかみ、滑落しかける寸前から体勢を持ち直して、


踏みかけたものを覗きこんだら‥


アズマヒキガエルでした。


(´ω`)




そんときおれちゃん、背を踏まれて痛がっているアズマヒキガエルと不思議な会話をしたもんでした。


ストックの先で苦痛に泣いて動けないアズマヒキガエルの脇腹をつついて、


「おい、大丈夫か?」


「いえいえ、大丈夫。気にしないでよ」


とアズマヒキガエルが目から涙をこぼしながら何度もうなずいたのですよ。


「すまない‥」


「いえいえ、あたしのほうが悪かったよ!まさかこんなひどい雨の中を下山してくるひとがいたとは。
思わなくて、道の真ん中へ飛び込んじゃったからね‥

もういいから!あたしの心配はしないで。

早く下へ行ってよ!

交通機関が運休しかねないから。

あたしのことをほっといて、

早く下へ行って!」


「すまん。君が道を横切ろうとは思わなかった。
これから前方注意すっからね。君の仲間が横切っても踏まないように気をつけてくから」


(なんかそういうやりとりでしたんよね)



(´ω`)



それ以後もペースを落とさなかったのですが、ただ前方を横切るアズマヒキガエルに気をつけて、


おれの足音に驚いて駆け去っていくまで足をゆるめただけでした。



(´ω`)




本当の話ですよ。


大丈夫かな‥


おれに背を踏まれたあのアズマヒキガエルさんは。


今でも彼女(♀かしらん?)の表情をありありと思い返して、もうしわけない気持ちで一杯なんです。



(´ω`)



あ、このブログ記事を書いてるうちに、


ユーチューブで公開中の積雪期の丹沢主脈縦走が、


最終行程に入ったところで、


いよいよ感動的な結末を迎えるのが近づいてきますね‥



お愉しみに!



画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック