成功者にはむしりとる連中が群がるのが世の習い

水道代が2倍にもはねあがったんで、


原因はトイレのタンクの浮き球で開け閉めするノズルが悪くって、漏水しがちなので、


慌ててトイレ用品を売っている東急ハンズへ行って、


緊急修理に必要な用品を¥1,614で買ってきたよ。


±(>≡<)±



貧乏人ですもんね。。


でも俄か大工の素人勘がうまく当たったか、


古い浮き球を外して、新しい浮き球の下にしのばせ、満水ラインに達すると


ノズルががっちり閉じるようにしつらえといて、


なんとか修理しおおせました。



±(>≡<)±


旧式タンクだから、東急ハンズで売っている最新式タンク用品の中から、


財布に相談しながら、最低限の予算で緊急修理に間に合わせれば、と


丹念に物色してきた甲斐がありましたんよね。



±(>≡<)±



お金持ちっていいんだね。。


金力にものいわせて、工事店を呼び出して、


最新型タンクに換えられたのかも。



±(>≡<)±



しかし、成功者にはむしりとる連中が群がるのが世の習い、ですもんね。


10年で100億円の資産を失った成功者の様子をうかがっていますと、


本人はともかく、取り巻き連中のほうが断然悪いな、とさえ感じられますね。


50年近くも生きてきた人生から自分なりに学んできたことを、


生きている限りはどーせ今の連中には分かるまい、


むしろ小学校の豆記者として来訪してくれた子供に、


「おれのことを今は忘れてもいい。


どうせ生きているかぎりはそういうふうに生きなきゃならんから。


でもピアノの音に節回しを思い出すのとおんなじに


大人になってから急に思い出すかも。


おれのことを深く知りたかったら、


大変な労苦をはらうだろうが、おれのことを知っている当時の関係者たちに


いろいろと話を聞き回ってみていいよ」


という希望を託して、


21分45秒も長大な大曲、合唱曲「生きた教材」に結晶化させたんですね。


日本だけでなく、


ヨーロッパ、アメリカ、全世界じゅうにいたく好評を博しようとはね‥


成功者にはむしりとる連中が群がるのが世の習い、という


残酷なともいえる真理を描いたパートの動画を再びお目にかけたいと思います。



choir-drama.Living Aid for Life Lessons#2(生きた教材)


http://jp.youtube.com/watch?v=uXRj_3dUkU8



アオクビアヒル♂たちがこぞって一羽の♀に集団暴行(‥交尾らしいけど、それ以上に異常なんだよな)


する場面があったでしょう、


まさしくむしりとられ、暴行され、持てるものを奪われる一羽の♀は、


おれ自身にほかならないんだよ。


だから、人間というものは信用しない。



±(>≡<)±



ここまで不信感を与えられてむしろ当然なんだ、とさえ思ってるんだ。


しかしこのおれを支えているのは、ほかでもない、音楽なんだ、


まるで巨大な磁場に引きよられて来たほかの芸術表現もしかり、


たとえおれのことを深く知らなくても、唐井音楽、唐井芸術を喜んでくれれば


もう十分ですよ。


お金があって、次の新作の資金に困らないのに越したことはない。



±(>≡<)±



それにしても、100億円、日本でこれだけ稼げば異常だ、と一度しも思ったことはないか?


金遣いの荒さをたしなめてくれる誰かがいたの?


思いとどまる機会はいくらでもあったのに、どうしてああ性懲りもなかったの?


と突っ込みどころが多すぎるんだよね、


復活できたとしても、またむしりとる連中が群がらないとは限らないしね。


±(>≡<)±



人間不信の根が相当深いおれちゃんだけどさ、


ともかくこの長大な合唱曲「生きた教材」を残せて、しみじみとよかったと思うよ。


おれが死んでも、後世の人々はこの曲を聴いて、


おれの真の姿を知ってくれればこんな嬉しいことはない。



失礼つかまつりました。



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック