悪口ファンたちへのサービスね、ニコニコ動画へうp

新作動画「わるい詩その2」は、歌詞にとった詩の内容が内容だけに、


ああいう映像にせざるを得なかったですけど、


どうやら杞憂に終ったみたいですね。


思いのほか大好評で、削除せずにすんでよかったんね


(彡^μ^彡)


‥‥ほっとしちゃいましたね。


負の感情を爆発させる内容を、視聴者に不快感を抱かせずに、


それなりの見応えのあるものに


仕立てあげるには、やはりかなりの力量を要求されますね。


いまさらあったり前だけど、おれの才能は世界トップクラス級なんだじぇい!


(_ _ ※)



前半の激怒シーンは、演技でも何でもなくって、


本当に怒り狂って、インチキ連中への八つ当たりをみずからDC動画で撮ったもんですし、


(まぁ、読唇術に長けているものなら、だいたい口の動きで何を言ってるか分かるでしょうね、


でもただの八つ当たりではなく、てめえで言っちゃなんだが、


正当な怒りなんだよ!)



それはともかく、


「わるい詩その2」について少々解説します。




日本語の「し」は日本人にとって「死」という不吉なイメージを連想させ、


「じ」は言葉遊びをやってみれば分かるように、日本人を苛立たせるイメージを連想させるものなんだから、


音楽ビデオでどう映像化するかのプランでいくつかの案を用意したうちから、


自分で切腹シーンを演じて、DC動画で新たに撮り下ろしたほうが最適だと決めたんです。




曲を入れるまでは大丈夫かな、不快がらせやしないか、と危惧の念がつきまとっていたのでしたが、


やっぱり切腹シーンがDC動画のような解像度の低い映像でも、


はからずも話に深みと厚みを与えたのだと思いますね。





その舞台裏シーンを再編集して出来上がったものがこれです。



「わるい詩その2」 舞台裏‥千両役者!!


【ニコニコ動画】「わるい詩その2」舞台裏‥千両役者!!



ネットスラングに諷刺をこめて、お分かりでしょう、あの事件の背景への唐井ならではのアプローチを、


形にしたものですしね、


ネットの悪意、というかしらん、


うってつけのうp先、ニコニコ動画ですね、


完成祝いとともに、おれのことを毛嫌いしてる悪口ファンたちへのサービスとして、


うpしたげました。



ξ(` ω ´)ξ


ご視聴ありがとうございました。



画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック