戦隊ママゴンの追悼詩にちょっくら手を入れて‥

お久しぶりですねぇ、隔世遺伝ならぬ隔系遺伝のバカ娘。。


何よりお元気で。。


テレビで鬼神も逃げちゃうくらいど迫力のギザヲタぶりがすごかったんよねぇ~、


君の長所が短所でもあるってこと、ですねぇ。


無駄なエネルギーをどーでもいい知識に費やすって若さの特権というもんですねぇ。。


で、早世されたある人を追悼して君が書いた詩、


「詩」として読むほうがおかしいじゃないの、


ただ私がケータイで自分の気持ちを書いただけ、と異議をさしはさむかもしれへんが、


あくまでも愛すべき戦隊ママゴンの才能を尊重しながらも、


どんどん言語を吸収するクソエロオヤジとしてちょっと勉強してみたい気持ちをこめて、


おれの語感にひっかかるところを添削し、


韻律をもっとダイナミックにしてみようと思い立っただけ。


無視してもいいよ。。



おれはね、たしかに生まれつき耳が聴こえなくって、


普通の子供より5年も遅くことばを覚えたハンデをはね返して、


お袋さんを感心させるくらい言語を操れるよーになって、それどころか


詩歌の添削指導をお袋さんがお願いするまでになったんだ。



戦隊ママゴンの追悼詩(軽い気持ちでケータイに文をつづったんだろーが、


一読してみて、もったいねーや!もっと手を入れればよくなるはず、と


思ったんです)に手を入れてみたのが、以下のとおりです。



もう一回
会う約束をするひまもなかった

ディズニーランドにいったとき

ご飯を食べたとき

あらゆる瞬間がはっきり蘇るし
かわいらしい声が耳から消えない

会えたときは必ず本当に楽しかった

天馬空を行く、明るさと可愛さで

悲報を聞いたとき
現実感がなくて
太陽みたいな彼女はずっと憧れのままで


今日お別れを言いに
会ったとき

現実なんだってことが
やっとささった



絶対いつまでも
***んの笑顔で
沢山の楽しい気持ちをくれた

ずっとずっと
すきです
もう一度会いたかった
悲しむんじゃなく笑顔で***んをみんながずっと覚えていたい

安らかに
またいつか会える時を信じて



どうです?


原文と読み比べてごらんよ、


がをのにとへよりからで、という格助詞の使い方ひとつとっても、

ことばの輝きがこんなに違うってことが一目瞭然でしょう。。


君のボキャブラリーの豊かさはすばらしいし、形容詞の斬新な使い方もよいが、


うっかりと手慣れたことばを使って平板な印象を与える怖れがあるよ。。


余計なお世話!と怒られていいですよぉ、



どうぞ、お好きにどんどんやってらしてね。。


でもおれちゃん、クソ忙しいんで毎日君のぐだぐだおしゃべりに付き合うひまがないから(正直いって、


付き合うと疲れちゃうんだよ!)、


たまに君がいいもんを書いたら、何か言ってあげますぅ。。



原文を知っていらっしゃる皆しゃま、


何かご参考になれたら幸甚ですぅ。。



画像



ぺろ尻、なんつーってΨ(~σ ~)ψ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック