一年分の耳垢を完全に除去することに成功!⊆((>ω<))⊇

耳鼻科で除去して貰った耳垢の画像をお目にかけまひょ、


さすがに眉をひそめさせられちゃいますねっっ⊆((>ω<))⊇



画像




おれちゃん、先天性感音系難聴ってスティグマを背負っていてね、



ほらぁ、大観衆の騒音のなかでも歌えるようにめいめいの耳型にぴったりと合わせてオーダーメイドされたイヤーモールドを、歌手がつけている映像が、


テレビでよく見られるでしょ、


あれとおんなじイヤーモールドを、20数年も朝起きてから夜寝るまで


ずーっと、文字通り肌身離さずつけているんだから、


耳の掃除が欠かせないんだ。


耳かきは毎月に一回にとどめるように、という指摘に、


毎日のようにみずからやっていた耳かきをやめてね、(それでもやはり、イヤーモールドで耳垢が鼓膜の近くへと引っ込みやすいんだから)


耳鼻科へ行って、とれなかった耳垢を採って貰っていたんだ。


しかし、医者不足のあおりを受けて、


毎年のように通っていた耳鼻科がなくなっちゃって、


まぁ‥お金にこと欠いていたんだし、


ずーっと放置してきちまったんだ。


たしか、耳の異変が起きたのは先週の木曜日だっけ、急に耳の奥が痒くなって、


指を入れてほじくってみたら、


直径1cmくらいに大きい耳垢が出ちゃった。


それで何ヶ月ぶりに耳かきをしてみたら、却って何も聴こえなくなっちまった。


ですから、その翌日に最寄りの耳鼻科をタウンページで探して、すぐに駆けつけたけれど、


女医ですがね、なかなか処置が実に適切で、


優秀なお医者さんだけがある!


この異常にこりかたまって鼓膜に‥まぁねぇ、


まるで根を張ったよーに離れない耳垢に気づいて、長期戦に変えたんだ。


5日間も自分で毎日、二回も点耳薬をさして、三回も食後に抗生物質を呑んで、


薬で耳垢を柔かくし、小さくするって処置なんですよ。


⊆((>ω<))⊇



今日の夕方にね、アポ通りに耳鼻科に行く前に首を振った拍子で、急に音が大きく聴こえだしたんだ。


耳垢が小さくなって、なんとか鼓膜から離れ、まるで転がった感じですから、


やはり後は専門家に採って貰うしかないですよね。



‥‥


ね!


こんなでっかいとは!


こりゃ何も聴こえないのは当たり前だわぃ。


それで除去して貰った耳垢を持ち帰って、


自宅で測ってみたんだ。



画像




‥‥


絶句しちまうわぃ、こんなたまっちゃってんだぃ⊆((>ω<))⊇



耳かきは気持ちがいいんだろーが、


お医者さんの仰るとおりに耳垢は細菌の侵入をふせぐもので、耳かきをやり過ぎちゃ、


鼓膜を傷つけかねないし、


毎月に一回程度でいいと思いますぅ、


おれ自身の経験から言って。



⊆((>ω<))⊇


ただ空気が入るイヤフォンとは違って、いわば密封するイヤーモールドの場合は事情がまったく異なる。


ですから自分の耳を大切にしたければ、やはり耳鼻科医に見て貰ったほうがいいでしょう。


‥‥


おかげさまで8日ぶりに完全復帰した思いですぅ、音の世界にね。


ま、おれのど超超超超人的な音感に嫉妬して、「こんまんま耳クソで詰まって永遠に耳が聴こえなきゃいいんだ!」


と願っている野郎どもが悔しがって、地団駄を踏むことだろーよなっっ、


あいにくさまでしたァ





‥‥おれ、自分の耳の障害のことで神を呪ったことがねーんだぃ、


逆に感謝してんだぃ、だってさぁ、地球上で邪悪な存在にほかならねー人間どものことばを分からないよーにして、


音楽だけを分かるよーにして下すった神しゃまの思し召しだもんねっねっ、


もっとも全人類にとっちゃ運の悪いことにも、


こんおれは地球上で最悪のケダモノであって、


クソエロオヤジですからねっねっ⊆((>ω<))⊇



さ~てぇ、と。


また全人類をどー洗脳させちまおーか、おれちゃんを'You goose!'(おまえは間抜けだ)と罵ってくれた野郎もいるんだから、


コメントを返すのも阿呆なんだからね、


もっともっと、ジャンジャンとやりまくってやっぜ。


首を洗って待っとれぃ


⊆((>ω<))⊇



あ、よかったら、国内向けに耳垢を除去した直後のひとコマを撮ったDC動画をアップロードしといたんで、


御覧になってよねぇ~


⊆((>ω<))⊇



「DC動画・一年分の耳垢を除去して貰って‥」

http://peevee.tv/v/4ieb61



⊆((>ω<))⊇


この記事へのコメント

耳糞
2018年09月07日 18:06
耳糞
浦部春香
2018年09月07日 18:07
小澤陽子
小泉なつみ
2018年09月07日 18:08
山本真祐子

この記事へのトラックバック