現金なやっちゃァ(-ε-)‥長~いポルノ詩をおさらい。

なんですか、まことにけしからんことです。

私の音楽、オペレッタ、ビデオ芸などより、エロ法話のほうがそんなに嬉ちいですか。

だからネットで見せるべきじゃなかった。
後悔しています。

まっ、ほんとに難しい仕事なんだよ。
おれとしては、性を扇情的な、ポルノとして扱うよりは、むしろ医学的事実として捉えてこそ初めて「性の真実」を知ることができる、というのが狙いなんです。

もちろんおれの体験に基づいて、‥好きな文学者、紀貫之の「土佐日記」で女流作家の筆致を真似てすぐれた日記風の作品をものしたように、
語り手を「ヤリマン」と陰口を叩かれる現代女性(20代後半くらいかな)にして、
ゆっくりと書き進めているんです。

何故、小説ではなく、詩なのか?

そこなんですよ、
実は、擬古文体、漢語を多用したエロ小説を昔書いたことがあります。

当時、まだ性に対する疑問が残っていてね、
一生で当るか当らないかの宝くじを引き当てちゃって、
疑問がいっぺんに氷解したんだ。

しかし大きな壁に当ったんです。

ほかでもない、現代社会の根本的に間違っているセックス観なんだ。

やっぱり、墓場に持ち込んで行くしかないか、と諦めたけれど、
思いがけない転機があったんだ、
出会い系サイトのおかげなんだ。

セックスって、自己暗示で局部を濡らすことがままあるので、
どこまで客観的か、主観的か見分けにくいし、
プロの女性相手じゃいくぶんかは演技もまじえやすい。

出会い系サイトで多数の女性会員のメールを読み続けていてね、
つまり、自分の漠然と抱いている疑問に一条の光明を当てる、他者の存在にいっぱい触れてきたおかげで、
ようやく、ことさらに奇をてらった文体に頼るまでもなく、
平明な女ことばで自分の体験に形を与える突破口を見つけたんです。

分かっていただけますか?

残念ながら、今の親の性教育は問題が多いようですね。
恥ずかしがらずに、「医学的事実」として性の話を子供たちに聞かせるべきなのに、
どうしたことか、
「好きな人と、生本番をやればいい。
中出ししてもいいのよ」
と子供たちのほうでも思い違いすることが多く見られる。

おれはね、たしかにませた子供なんだけど、
本当にうちの両親は立派でしたよ。
医学的事実を聞き知って、
「へえー、お父さんとお母さんがたまたまそういうことをしちゃったから、ぼくが生まれたんだね」と
言い返したら、
お父さんが
「そのとおり~!」
とすんなりと認めたものでしたよ。

ですから、子供たちに変な思い違いをされないように、恥ずかしがらずにきっちりと教えるべきことを教えて欲しいもんです。

なんせ子供のことだから、その医学的事実をやいやいと囃し立てると、
お母さんに怒られたんです。

そうやって、子供心にも性の話というものは節制をもってするもんだな、と社会性を教えられたわけです。

この世の親たちにも怒られるかもしれませんが、
子供たちの前で「不都合な真実」として隠すほうがおかしいよ。


出会い系サイトの女性会員たちのメールをうんざりするくらいいっぱい読んできて、
おれなりに、墓場に持ち込んで行くつもりだったのを、なんらか形にして残すことを決心したものでした。

着手したものの、大変な仕事ですね、
400字詰めの原稿用紙(おれ、PCのワープロを打ち始めるまで愛用してきたもんです。現在ロフトにその束を何箱につめて収納してあります)にして‥
なんと150枚くらいに及んできちゃった。

それでもまだヒロインが「性の真実」を知る前なんです。
最終的にどこまで長くなるか、おれ自身も全然分からないよ。


で、今までブログで公開してきた「ポルノ詩」をおさらいしてみましょう。



   (***)

わたしの学校は男女共学で、
よりすぐりの生徒だけが選ばれて
進級する高校に通っている頃は
思春期がもうとうに峠を越えて
初体験の相手探しへの焦燥感がひいちまっていた。
まわりのクラスメートは
いつも処女を卒業した話を自慢のタネに
して、次の相手は誰にしようかで
もちきりだった。

ブラジャーがカップの級数を増すごとに
鏡に向かうわたしの疑問が
ふくれあがってきた、
「友だちの話では処女を失う痛みは
かすり傷程度しかないらしい。なら、何人も男と
やってるのはからだに負った傷が癒ったから?
こころに傷を負わないから?
じゃあ初めての相手は
誰だっていいじゃない?
ここは現実に妥協してみたらいいじゃない?」

見も知らない世界の
**の関門をひらかせてくれる相手に、
これまでもっと年端のいった男性を
のぞんでいたけれど、
18禁の約束事に誰も気後れして
言い訳、ばっくれなどで素通りしてきたんだもの。

こすっからい少女はこうして
大人の世界を知り始めて、からだの関係より先に
人間関係というものを考えこんだ。
お金、美貌、スタイルって
何も男を釣れる餌にもならないから、
世間にとかく言われるすじあいがないように
相手を選んでもいいと
思うようになってきた。


   (***)

トイレのドアノブをひねるより
簡単だったわ、処女を捨てるのは。
高く止まるのはやめて、
「あなたが欲しい。入れて!」
と言いさえすれば相手が見つかるなんて、
拍子抜けしたわ。
今でも覚えてるわ、初体験の相手は
とっても見ていられないかを。

悪い男友達に後の面倒ごとが残らない相手を
紹介してもらって、
わたしの目がからだを値踏みして
とうてい直視に耐えられない心地がした。
断っとくけど、
男ブスではなく、イケメンのほうだったわ。
話しぶり、身動き、オーラから
「***の関門どころか、
便器の蓋みたいな男だわ!」
とわたしのからだが吐きつけたのよ。

案の定だったわ、向こうも
筆おろしだったもんで、
痛いのを通り越してまるで足相撲を
やってるみたいで、噴き出すのを
こらえるのでせいいっぱいだったの。

思わずけらけらと笑っちゃったわ。
相手の男性は腰を二三度振っただけで
もう行って、わたしの**を汚しちゃった。

アダルトビデオで研究ずみの
前戯なんかもろくすっぽせずに、
女のからだをその気にもさせなかったので、
甘いケーキのうわっつらを齧っただけで
残りが泥まみれみたいな気持ちだったの。

わたしの笑い声に
たじろいで決まりの悪そうに
うつむくばっかりだったわ、初体験の相手は。

そのときだった、
わたしの子宮よりもっと深いからだの奥底で
こういう声がしたわ。
「もう二度と出来ない! こんな******相手とは」
まるでわたしのからだが死んだように
さめて、そそくさと下着をつけて、
相手の男性の顔を見ないでその場を立ち去った。

もちろんだったわ、悪い男友達をつうじて
その男性にもう一回会いたいと
言づけられるのも一度や二度じゃなかったわ。

「しつこくつきまとわないでよ! 誰だってよかったの。
あんたは便器なのよ、わたしの処女を捨てるための。
だからもう二度と会わないで頂戴」


    (***)

奇特なひとがいるんだわ、
「愛のないセックスは虚しい。だから
こころが一番大切なのよ! 愛されてると
感じればあそこも濡れるじゃないの?」
と言って初体験の相手選びに
慎重になって、成人を迎えた友達のことだけど。

言い寄ってくる男たちをさばき、
****セフレだけを選ぶのに
慣れてきた頃だし、わたしのからだが
もどかしく相手の男を探しあぐねているので、
わたしが見るに見かねて、
その友達に言ってあげたの。

「愛を求めるのは自分のからだへの
申しわけみたいじゃない?
あなたひとりとしか寝ないと
誓ったのに、ほかの男と寝てしまったら、
どっちに申しわけが立つとでも
思ってんじゃん? こころ? からだ?
ねえ、どっちなの?」
友達が目を丸くして、
ひきつった笑いを見せたわ。
「どういうことなの?
あなた、本当に恋をしたことあるの?」
「寝てみないと分かんない。
愛の言葉は前戯のうちだから、ぐずぐず聴いてると
耳が持たなくってうんざりなのよ。
あそこが濡れるのは自己催眠みたいなのよ、
相手が何人目でもおんなじなのよ」
「それじゃ一生恋に縁のないじゃない?
だからセックスには愛が必要でしょ。
これはと思う相手をじっくりと
選ばないと」
「そう言ってると、バージンのまま
ずるずると年をとっちゃうわ」

友達が唇をかんで、男なら捨て台詞をはくところを
黙ってむっつりと顔をそむけたわ。
奇特なひとならそのまま奇特な人生を過ごせば
それでいいと思う。
初志貫徹のままでは行かないわ、
ただ心配すればいいのは
***************だけで、
その最低限の心がけさえ守れば
わたしはこころの声だけでなく、
からだの声にも正直に生きていけばよかった。


(中略)

(***)

恋のときめきって何?
そりゃ奇特なひとに
「一生恋に縁のないじゃない?」
と言われてもしかたがないわ。
エッチしてて絶頂に行きつくと
どうしてか相手の顔を見ないで
目をつむるくせに、
平素は恋人にこう言うのにも
奇異の感を抱かれないほうが
よっぽど不思議だわ。
「私だけを見て!
私しか考えないで!
ほかの女のことを考えないで!」
まるでからだがほかのおとこを
求めているのを感づいてみずから
こう言い聞かせているみたいなのよ。
目を見開いて
恋人の顔を見ながら絶頂に行きつくほうが
よっぽどの努力が要るのよ。

飼っている猫が子作りしないように
避妊手術をさせたとき
ふと思ったわ。
「生まれてくる子猫たちを
不幸に会わせないためなのよ。
人間の勝手でもしようがないわ。
‥‥人間のほうはどうかしら?
さかっている猫みたいに
平気で浮気しちゃうから
いっそ去勢しちまったら?
これじゃセックスが出来なくなるわ。
貞操帯を下腹にはく手もあるでしょ。
‥‥でもわたしが多数のおとこを知って、
いやがおうでもテクがうまくなってきたけど、
貞操帯をはかなくてすませられる手が
あるかしら、とおとこにはめられてる途中で
思ったわよ。
‥‥虫の良過ぎる考えかしら?
わたしみたいなヤリマンでも
ひとりの相手しか愛せなくなったら?
死ぬまで会えないかも。
明日にでも会えるかも知れないわ。
ねえ、わたしのからだはどうかしら?
こころとからだの両方とも
ひとりの相手にこがれるあまり
ほかの相手ともう二度と出来ないように
なれたらどんなに素敵なことでしょう」


(中略)


わたしは女の幸せを得るのに
不熱心なのかもしれない。
美貌、スタイル、お金に恵まれていながら
からだの声に応えてくれる相手が
いないから、
浮いた女であることで
彼と相違はなかったともいえる。

でも彼はほんとうに女を知らなかった。
男が河岸を変えるように
わたしが気まぐれにセックスの相手を
変えてみて、
競争相手のいない男が新鮮に映ったわ。
このときはガラにもなく
相手の出方を待ちしだい
おしゃべりな口を開けるくらい
慎ましやかになったの。


(中略)


(***)

フェラチオに彼の顔がゆるんでいなかった。
口をへし曲げて、腰を引こうとした。
わたしが彼の尻に手をまわして
腰を引かせないようにしたくらいだったわ。
彼がのど笛をかき鳴らして、
うっ、うっ、うっ、ともらしては
わたしの舌の前で大きくしていった。

彼のは意外に大きかった。
背丈が少し短かったけど、
包茎をはだけてみるとずぶとく、
男根のいかつさと厳かさは
これまで見た男たちよりすぐれていた。
舌をカリに転がしてみれば
剥きだしの亀頭がふっくらと
唾液と愛液に濡れて美しかった。

思わずわたしが自分も濡れてきた気がした。
「わたしの胸を吸って」
と乳首に彼の手をいざなった。
彼にわたしの乳首を吸われた。
わたしが声をもらしてしまった。


(中略)


体位を変えるために性器同士を
離し合ったら、
愛液がスーッと糸を引いた。
彼を寝かせて、陰茎をむんずと突き立たせ、
わたしの女陰(めと)に挿しいれて、
跨って腰を浮かし始めた。
もはや何も考えなくなった。

なんかわたしの下腹が熱くなってきたわ。
肌の裏側に相手の肌の表側が
密着しはてて、
子宮もろとも胸の奥底へと
せりあがってくるみたいだったの。
思わず声を上げてしまった。


(中略)


運命の出会いというきれいごとじゃないわ。
だってわたしはからだの声に
駆られるがままに
つぎつぎと男を変えてきたんだもの。
それでもじぶんが汚れた女だと思わないわ。
むしろじぶんのこころとからだの声を
聞いて聞かないふりをして
生きられる女なんて薄汚れてるわ。

男に汚されるって?
滑稽だわ、それじゃ貞操観念のほうがなん何なの?
人間関係が生きずらくさせてるのも
百も承知のうえよ。
決まった相手なんて寝てみないと
分からないわ。
「わたしのからだのビートを高めてくれる
男のからだがないかな」
と思い続けて十数年。

いい出会い、いい男、いいセックス、
願いはきりがないわ。
タッチの差でライバルを
大きく切り離す、恋のぬけがけは
二束三文なのよ。
わたしのこころとからだを満たしてくれる相手が
見つかることの価値に比べてみれば。

******って‥‥
運気が集まって知覚のひずみを
感じさせられるみたいじゃないかしら。
そういえばひと目惚れの相手に
会ったときもそう感じたっけ。
天候にぽっかり予測不可能なひずみが
生じたときに嘘みたいに晴れるから、
特異日と呼ばれるゆえんなの。

ひょっとしたら死ぬまで
その日がめぐりまわってこないかしら。

しょせんセックスなんてスポーツに過ぎないわ。
男と女がたがいのからだを重ねて
撞き合い、コンビネーションがうまく行くかで
快楽が左右されるんだもの。


(中略)


(***)

初めて女というものを
知った彼は見違えたように
********
スケコマシとして成長してきたの。
言い方が悪いけど、
あの年まで女を知らなかったことを
考えると喜ばしいのよ。

わたしのほうは、
セックス*****で
働く気になれなかった。
人づてに彼の女あさりを
聞いて、多少の怯えを感じながら、
笑顔をとりつくろって、
「へえ、わたしの見た立派なさおで
女を泣かせているの」
と受け流してきたの。

もちろん、彼に付き合ってくれる女は
誰も長続きしなかったわ。
彼のチンコが目当てだけの
セフレだったもの。

誤解を怖れずにいうと、
彼の女あさりを聞いても
筆おろしの相手になった優越感も
嫉妬心もなかった。
虚勢をはっていうわけじゃないのよ。
ただ‥‥
自分が濡れてきただけ。
彼の包茎をはだけて、
剥きだしの亀頭がこのからだの中に
挿し入れられることを思うと。

彼に会いたい気が起こらなかった。
このからだの声を聴くと
とっても引いていたわ。
「もっと‥‥
本気になれたら‥‥
もっと‥‥
本気になれたら‥‥」

なんか一線を越えてはいけないような‥‥
わたしがわたしでなくなるような‥‥
そう、
わたしのからだって
本人の意志で創られたものじゃないわ。
死ぬときは本人の意志に関係ないのよ。

この心臓だって疲れを知らずに
働いて全身じゅうの動脈に血を送ってるでしょ。
からだのどこかが悪くなったら、
わたしの意志を離れて
勝手に患部が脳にサインを送るでしょ。

セックスにもあてはめられてよ?
からだ同士の相性が一致したら、
本人の意志を離れても
別に不思議はなくってよ?

ここまで考えると、
泣きたかったのよ。

ああ! 彼こそは
わたしの探していた男だったのよ。
でも‥‥
その確信が本物なのかを
確かめておかないと。
それにわたしだけの
思い込みかも知れなくってよ?


―(未完)―


大変ですねぇ、これだけ読み通すって。

まだ決定稿には至りませんので、また推敲の余地が残っているかもね。

おさらいして貰えれば分かるように、いたずらに扇情的な、官能小説ともひと味ちがう、
まあ、強いていえば性愛の叙事詩、エロ叙事詩というか、
その風格を備えていることをお分かりいただけるでしょう。

時間がかなりかかりますが、とにかく頑張って行きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 一目ぼれに必要なのは0.5秒

    Excerpt: 他人を魅力的に感じたり、仲良くなる可能性があると判断するにはわずか0.5秒しかかからないという新たな研究結果が発表された。米フロリダ州立大学の心理学者ジョン・マナー氏の研究チームは、専門誌「Journ.. Weblog: 痛いニュース・芸能ニュースにニューハーフがズバリ!! racked: 2007-09-19 22:41
  • 出会い系究極奥義・・すべての漢たちへ

    Excerpt: ようこそ我が「秘伝・出会い系SEX究極奥義」へ!俺の名は山本師範代。皆に「出会い系サイトで金を使わず、安全かつ確実に女の子と出会いSEXをする方法」を伝授しよう。 まず最初に「出会い系究極奥義.. Weblog: 秘伝・出会い系セックス究極奥義 racked: 2007-09-19 23:14
  • 恐るべし!若い子ヤルなら!

    Excerpt: 失礼しますhttp://walk.st555.net/出会い系やアダルトなんて怖くない!!少しの知識でひっからない♪詐欺・不正請求の体験談掲載中♪恐るべし!若い子ヤルなら! Weblog: 出会い系必勝ガイド! racked: 2007-09-19 23:16
  • え!?あぶなーい!○○にくわれちゃうよ!

    Excerpt: おちちゃった!おちちゃったよ 笑 早くしないとサメにくわれちゃいます! Weblog: youtube爆笑動画ナビ racked: 2007-09-20 09:03
  • 真剣に素敵な出会いがしたい人を守ります!(サクラ撲滅!優良出会い系サイトの紹介)

    Excerpt: ネットはもうやめた!と諦めている人。真剣に素敵な出会いをしたいと思っている人のために、悪質な出会い系サイトから届くスパムメールを掲載し、優良な出会い系サイトの情報を紹介することで、真面目な出会いを求め.. Weblog: 真剣に素敵な出会いがしたい人を守ります!(サクラ撲滅!優良出会い系サイトの紹介) racked: 2007-09-20 09:40
  • 小論文の難しさ

    Excerpt: 初めまして☆通じるものがあると思い、トラックバックさせていただきました!迷惑でしたらすいません。私は、小論文についてブログを書いているものです。よかったら遊びに来てください☆ Weblog: 小論文が苦手だった男のブログ racked: 2007-09-20 11:25
  • 【素人】れいか★激生!貸切露天セックス! 【天然むすめ】

    Excerpt: 指マンでいきなり大量潮吹きのれいかちゃん、アワビに潮吹き、もう大漁です! Weblog: ★オリジナル連続ドラマ「みて肛門」毎週日曜日配信! racked: 2007-09-20 12:44
  • 30歳までに美貌とお金と幸せを手に入れる仕事術 <ミリオネーゼセレクション>(松田 綾子)

    Excerpt: 今の世の中、欲しいものは待っていても手に入りません。だったら、自分で獲りに行きましょう! 仕事も恋もうまくいく、美的サクセスバイブルの誕生です。 時給800円のフリーターから、3年間でミリオネーゼにな.. Weblog: ミリオネーゼ racked: 2007-09-20 16:57
  • セフレを作りませんか?

    Excerpt: セフレの作り方を教えます。 もうソープや出会い系などの風俗にお金を使う必要はありません! 節約エッチ生活を楽しもうよ! Weblog: セフレは誰でも簡単につくれます racked: 2007-09-26 03:48
  • 「レディコミでSEXフレンドを作る魔法(雑誌代のみ420円の奇跡)」

    Excerpt: ■芸能人トリビア3連発!芸能裏ネタ、行ってみましょう。今回は芸能人トリビアをお贈りします。 ◆堂本光一Kinki kidsの堂本光一は、芸能界の資格王。一級小型船舶操縦士など、20もの資格を持っている.. Weblog: アダルトOL山田恵の「女は、犯してなんぼ」 racked: 2007-09-26 23:08
  • アダルト山田恵(誰にも聞けない・・・でも知りたい ちょっぴりHで素朴な疑問) 9月26日号

    Excerpt: 緊急のお知らせ!「■悪魔の手引書■女性を瞬間であなたの「もの」にする悪魔のトリック■The Bible of the devil■」内容ご確認ください!! → http://dl.sugowaza... Weblog: アダルトOL山田恵の「女は抱いてなんぼ」 racked: 2007-09-26 23:18
  • ダイエット恵([沢井14] 【そこが知りたいダイエット】朝食フルーツダイエット) 9月26日号

    Excerpt: 大人気です!「ポッチャリ女性デブな女性専用恋のレシピ@デブはチャームポイントです!」早いほど、得です!! → http://dl.sugowaza.jp/rd/?TTIwMTA3UzEyOTYx■芸能.. Weblog: ダイエツトOL山本恵の正しい・楽しいダイエット racked: 2007-09-26 23:29
  • 第二段!!吉沢明歩のフェラチオ動画 ~その2~

    Excerpt: エロ動画を探すなら吉沢明歩 動画ファイルナビゲーター 吉沢明歩 画像 人気blogランキング吉沢明歩 画像 FC2 Blog Ranking 第二段!!吉沢明歩のフェラチオ動画 ~その2~ 吉沢.. Weblog: YouTube抜ける!エロ動画館 racked: 2007-09-27 16:42
  • 包茎とフェラチオ

    Excerpt: フェラチオが嫌いな男はあまりいないと思うだけど、その「やってもらう」フェラチオ。包茎だったら気をつけたいね。 まず、”むけ”てなければ(真性包茎)むけるまでは我慢だな。これ冗談抜きで、そんな状態のモノ.. Weblog: 包茎の悩みから解放されよう racked: 2007-10-20 18:48
  • は~あ おらがじゃ どか雪が三日も続き~♪

    Excerpt:  エリーばあさんの思い出に殉ずる為に、ここまでしてしまったカールじいさん。  そうしたエモーションは、多少は立ち退きを要求していた建築会社への面当てが出来て快闊をあげるコトは出来るとはいうものの、感傷.. Weblog: 近畿んに冷えたビールとの出会い racked: 2010-01-05 18:15