ビデオゑッセイ26「ツンダラ☆男∧(;― ≒ ―≠)~」公開

猛暑日がやっと終わりそうですね。まあ電力危機を回避しそうなんですが、
つまんないねぇ‥ ガキの頃以来の大停電を心待ちにしてたのに。

はいはい、天邪鬼で悪かったねぇ。

お待たせどぉ、ビデオゑッセイシリーズの最新作が一丁あがり。

「ビデオゑッセイ26『ツンダラ☆男∧(;― ≒ ―≠)~』」




この作品の難易度はCです。

もちろん、萌え系ことばの「ツンデレ」に対するおれっちの考察、そしてメタボなどがテーマですが、唐井らしい奇抜なアプローチで、夏の風物詩であるよしすだれの新調をうまく織り込んでおきました。

蒲団たたきの音はうるさいですね、
ありゃあ、アパートをぶっ壊しかねないですよね。
近所迷惑この上ないことですが、しかたがない、おれって稀代の音楽家だから、手に触れるものが何でも大音量の音楽に化けちゃうんだしね。

でもその場面を、へんてこりんな関西弁の顔文字との対話にピッタシと使えたから、結果オーライってとこですかぁ。

敏感なユーザーならピンとこられたでしょうが、
ニコニコ動画のようなコンテンツへの「静かながら強烈な批判」を秘めてあります。

開発者のお考えは一理ありますが、「文化」を創り出すにはどうもネットの「善意」を当てにし過ぎて、クリエーターの良質の才能がぜんぜん想定内になかったらしい。

ツンデレを言葉遊びのタネにして、「悪意」を秘めた顔文字とのやりとりをああまでユーモラスに描きながら、
超一流の音楽ビデオに仕立て上げちゃ~う芸当はどうでしたか。

どうせ開発者は所詮「井の中の蛙」でした、ね。

こんなクリエーターの良質の才能を「想定しません」でした、なんちゃって、
現在のニッポンのIT系企業の底の浅さがうかがえますよね。

まあ、総スカンを喰らってもしゃあないか。
と申しますのも、ニッポン人のコンテンツは、身内同士にしか分からない、狭量の、なんていえばいいか、「意味の広がり」が皆無のものばっかり。

あるインターネット動画を手がけてらっしゃる企業の社長は「メジャー感」と仰ったけど、
ありゃ、みずから自分たちのコンテンツはマイナーだ、と告白してるようなものだ。
こんなクリエーターの良質の才能を「想定しません」でした、と
うざったい言い訳ばっかりなんだろ。

実力以上にバブル気味の「メジャー感」に惑溺して、つまんないコンテンツばっかり繰り返すしか能のない、既存の企業どもも然り。

もーいい加減に終わらせたいッスよ、
こんなおままごと遊びは。

以上は、
あと5分で4時間台になりそうなシリーズものを制作しながらも、
どこからも声がかかってこないあるアーティストのひがみ、と
受け止めてもらっても結構です。

動画をいつも視聴下さって、本当にありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ベタピンアプローチ

    Excerpt: ダイヤ TR-407 ベタピンアプローチ画期的。どこでもアプローチの練習ができる 家庭の居間で気軽にアプローチの練習ができる。使用しない時は、折りたたんでどこでも収納できる。姉妹品の「ツーウェイ.. Weblog: ゴルフブログ racked: 2007-08-30 00:32