ビデオゑッセイ11「踊らされソン(-ε-)」公開

ビデオゑッセイシリーズ11「踊らされソン(-ε-)」を公開します。




この作品の難易度はウルトラEです。

けっこう難しい仕事だったなァ~。
ビデオゑッセイは、原則としてその日のうちに撮ったビデオを編集して、それらしい一篇にまとめるのですが、
実を申しますと、このビデオ映像は8日間も保留したまま、頭の中で案を練って慎重に構想を進めたのですよ。

自分の演技シーンは、たしかに使えるのですが、演出家としては、
「やばいな。自分の演技を面白がっている分には笑いをとりやすいけど、釣り針にひっかかった魚の真似にしちゃ迫真に迫りすぎて、笑いをとりずらいなァ。
よって保留!」
と考えたため、その間にほかの作品をどんどん作り続けてきたのです。

耐震偽装マンションの時事ネタを使って何かからかってやろうか、と思ったけれど、
せっかく新築マンションに入居する予定でいらっしゃるお方々にも申し訳ない気がして、
慎重に案を練り続けてきました。

ふと口をついて出たことば――

「踊らにゃソンソン」
と、どこの小唄か覚えていないけれど、そのことばに「これだ!」とやっとビデオ編集のメドがついたのです。

騙された痛みと、踊らされてソンした!とのどっちがいいの?と軽い気持ちで制作してきたのです。
本当に現実は生臭いかぎりですよね、偽装、偽装、偽装だらけ。
義憤のメッセージだけに終わっちゃ生兵法のしろものになっちゃう危険もあるし。

なんとか8日間ずっとほっといてきた宿題を片付けた気持ちなんですよ。

収録曲は、ピアノ曲集「象嵌彩々」のNo.6"The Inverse Mind II"です。
聴き覚えがあるでしょう、すでに動画配信ずみの「エアギターならぬエアピアノ?」を三つに分けて、聴かせたものです。
今回、初めて全曲を丸ごと聴かせたのですが、やっぱりこれまたタイミングを合わせるのも難しかったね。

とにかくほっとしました。

参考のために、別の映像に同じ曲を合わせた実例「エアギターならぬエアピアノ?」をかかげておきます。
三つに分けたため、ぶっ通しで聴きたいお方に不満をいだかれるかも知れませんが、ここはパスしてもいいでしょう。


(1)


(2)


(3)




唐井音楽のどんな場面にも合う汎用性、そして映像と音楽をたがいに生かし合う技法「逆振り付け技法」の威力などを少しでもお感じとり下されば幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック