なんでだよっ?おれの室内犬に扮したビデオが本物を追い越して(>ε<)

あのねー、Googleで「室内犬 ビデオ」を検索してみたら、びっくり。
約27,700件の第1位から第4位まで、第8位を、ビデオゑッセイ18「室内犬VS.山小屋の犬(-ε-)」が占めてるじゃん!

あの、なんかの間違いだろ。
本物のワンちゃんのビデオをはるかに追い越して、トップなんて!

念のためにおれは人間ですよっ。
雑種のヒト系統のワンちゃん、ってかな≪(0∀◎≡)≫

あ、ビデオゑッセイシリーズの最新作へのコメントをほんとにありがとう。
そーかねぇ‥BGMがピアノ演奏のシーンを全部ミュートにしときゃよかったかな。
でも、なかなかうまいよ、座布団を5枚くれてやるよ!(おれもゲラゲラ笑い転げちゃって、涙を流したくらいだよ)。
ありがとう!

室内犬の話に戻すと、
おれの演技力はなかなかのもんだろ?
手加減して軽く演技したけどね、ワンちゃんの物真似をしては、首にベルトを巻いてんだから、どっかのSMクラブのMオヤジに間違えられるし、
ど健脚の山小屋の犬に対峙される、室内犬のいじらしさ、可愛さ(!?)、最後に見せる開き直りなどの演技は、なみの役者じゃ無理なんだぜ。

ま、ま、おれが本気を出しちゃまずいんだろ。
(あのまま飼い主を噛み殺しかねないいきおいもあるしな)。

山登りに飼い犬を同行させる愛犬家も、よく見かけますけど、犬とても人なみに高山病にかかっちゃうし、やはり下山のとき飼い主にダッコされて下りる羽目になるんですよ。

それで、山小屋の犬のすごさを痛感してね、いつかビデオをまとめて何らかのオマージュを捧げたい気持ちもありましたよ。

はからずもああいう奇々怪々な作品になっちゃったわけです。

でもGoogleの検索順位にふくざつな気持ちになって、
まさかね、「唐井さんってな犬を飼いたい!」なんて言い出しやしないだろーなっ。

冗談じゃないよ!

本当にありがとう。こんなに好評を博して。
作品のテンション、クオリティを保ちながらも、芸域の多彩さを尽くしていくって、
そりゃ大変なんですよ。

何度も繰り返し言います、
ありがとう、サンキュー。

画像


とにかく蒸し暑い夏をしのぎながら頑張っていきま~す!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック