知らんかったねー、おれって超人気ブロガーだとはね。

まったく困惑のていたらくなんスよ。

今朝、動画投稿サイトのおれっちのページはアクセス殺到中につき、表示不能状態になってたし、どーゆーわけか、おれの動画とブログのあちこちがアクセス制限されてる臭さがぷんぷんと匂うしな。

まーいいか。

そんな有名になるって、これからの金策に有利になるんだから嬉しいけどさァ、
48歳の世捨て人としちゃぁ、チヤホヤされるのがすっごく嫌で、静かに制作に打ち込みたいんだ。

動画配信とブログをファンサービスの一環として位置づけているし、
生ステージ演奏を一切やらずにもっぱらレコード制作でまさに現代の神話となったピアニストであるグレン・グールドのひそみに倣いたいという考えもある。

唐井芸術、唐井音楽を熱烈に支持してくださる皆しゃま、
ファンと芸術家の関係の変遷史に新たな一頁をともに作って行くために、ちょっとした提言をしておきたい。

たとえばヨン様の追っかけファンが、どこからか聞き知って、来日時に空港まで殺到するわけなんでしょ。

「キャアーッ!生で見られて感激!」
と、ケータイの写メでパチパチと撮ったり、こっちに振り向かせようと手を振ったり、何か特別なもの(プラカードとか)で注意を惹こうとするわけ。

ファン心理が群集心理と相俟って、そこで事故を起こすまいとして警官たちが繰り込んでくるね。

しかし、と思うんだ。

面白い現象には、ネットショッピングの飛躍的拡大もあるでしょ。
わざわざ店頭まで行かなくても、ブラウザー画面で提供される商品情報と画像を物色しながら、リアルマーケット(実際店頭で商品を手にとってみたりする)の経験を元に買うか、パスするかを判断するでしょ。

その市場が加速度的ペースで拡大して、店頭の販売を見直させられる羽目になったですね、企業は。

あくまでもおれ個人の直感に過ぎないけど、
ファンと芸術家の関係にも少なからず影響が及んでくるのではないか、と思う。
消費者動向の変化が意外な波及ぶりを見せてくるじゃないか、とも。

つまりさ、わざわざその芸術家を追っかけなくても、生で見ようと足労を払わずに、動画とブログを見るだけで満足して貰えるようになっていくのではないかな、とおれなりに思うんだ。

本当にそうなれば、おれとしても大いに助かるんだ。
だってそうでしょ、おれの動画は野鳥、虫、動物たちが重要な役回りを演じているんだから、もしおれがビデオ撮影中に追っかけファンに邪魔されることを思うと、ゾッとしないもんだねぇ。

おれの姿を生で見たいと追っかけてくれるファンに制作を邪魔されて、芸術作品にとって損失を与えるのと、
誰にも邪魔されずに、静かに制作に打ち込んで完成した芸術作品が大きな満足を与えるのと、
損得勘定を考えてほしいものですよね。

「すっごい作品をいっぱい見られたもん。あれだけの質と量を見せられちゃ!
無名だからね。
有名になっても、やっぱり今までと同じペースで、今までと同じ完成度の高い作品をどんどん見せて欲しいな。
追っかけファンなんて、最低だわ」
と同調して貰えたら、非常に嬉しいものです。

そこはネットの意外な利点といえるかも知れませんね。
ネットショッピングの飛躍的拡大が、意外にもファンと芸術家の関係にもよい影響を与えることもありうるかも。

でもパパラッチとか、イメージダウン狙いの画像と動画をブログに貼り付けてアクセスアップをはかるとか、不穏な分子が多くいるのも否めない。

どんなに知名度があがっても、やっぱり、グレン・グールドみたいにひきこもって制作に打ち込む姿勢を貫いて行きたいですから。
今思えば、グレン・グールドは時代を先取りしていたといえるかも知れませんね。



追っかけファンはある意味「野蛮行為」、すなわち商品の生産現場に勝手に踏み込むという「家宅侵入罪」、「業務妨害罪」と同一視されて、
そして完成された商品、=芸術作品を見るまで「生で見たいと思わない。そっとしてあげよう。だって大きな満足を与えてくれるもん」という暗黙の了解のもとに、
ネット時代におけるファンと芸術家のルールを築きあげていけばありがたいことだ、と思います。

ところで、話が変わりますが、
ブログ歴4ヶ月にして、ちょっとびっくりする成果はあったよ。

Yahooの「CM動画の実験」検索順位は、約900,000件の第一位、第二位。

画像


画像


検索順位と検索件数の変動に半年ほども付き合ってきた経験から、
どうやら広告業界にも広く注目されて、テレビCMとは全然ちがう、動画ブログならではの表現形式の可能性を高く評価されてきたんじゃないかな、と思うね。

でもさ、ただブログ歴一ヶ月足らずで、ブログに動画を貼り付け、アフィリエイトシールも同時に貼り付けて、メディアとしての可能性を試してみただけ。
ビギナーの無心ってやつなのさ。

妙にブログ、ウェブ事情に詳しいからといって、メディアとしての可能性を知悉しているとは限らないんだ。(ほかのいわゆる”人気ブログ”が落ちやすい陥穽がそこにあるんだ)。

まっ、ビギナーズラックと思いましょう。

画像


あ、「ブログとは」の一番分かりやすい辞典の解説を読んできたよ。
ここに紹介します。

「Yahoo!Japan家電ナビ・IT用語辞典」・「ブログとは」
http://kaden.yahoo.co.jp/dict/?type=detail&id=4020

トラックバック機能についての適切な説明も含まれてるんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ホテリアー

    Excerpt: ヨン様友情出演ドラマ主題歌 5/30発売 上戸彩「涙の虹」 Weblog: ホテリアー racked: 2007-06-05 05:27
  • 無料2ショット・ライブ・チャット

    Excerpt: またきます!次の記事も楽しみにしてます。 Weblog: ,知らんかったねー、おれって racked: 2008-02-02 02:05
  • ネットで1億稼ぐ唯一無二の方法論

    Excerpt: 実は、インターネットで1億稼ぐためには、“人類がビジネスを発明した瞬間”から何千年もの歴史を掛けて磨かれてきた“たったひとつの方法”を身に着けるだけでよいのです。 ブログアフィリエイト@万年課長.. Weblog: ,知らんかったねー、おれって racked: 2008-02-02 05:36