トラックバックスパムはネットだけの話じゃないよッ(_ω_)

ブログ開設から4ヵ月半で、おれなりにトラックバックスパムを、「ひとの揚げ足をとる」、「ひとの言葉尻をつかまえる」とかとか、広く解釈していてね、
自己責任のもとに気をつけて、ブログ記事を書いているんだ。

だからネットだけの話ではない。

失礼かも知れないが、著名人たちはそのことを十分に分かっていないらしく、ネット以外の媒体からもトラックバックスパムをかけられまくり、という例がままあるようだ。

なにがしがブログで誰かさんの悪口を言うと、ネット以外の媒体、マスコミがワーッと飛びついちゃうのを見ると、ちょっと悲しくなるんだ。

有名になると、チヤホヤされて「どこまで自己責任なのか」、その境界が曖昧になって、そのあげくに「ブログだから何でも書いていいでしょ!」と、取り巻き連中の思惑などを超えて暴走しかねないもんだねぇ‥

このおれだって、誰かさんを毒づきたい気持ちもあるけど、自分の言葉尻をつかまれちゃ後々が怖い、と思っているんだから、

ま‥なんつーか、しょせんエロエロオヤジっつーか、

ユーモアのオブラートに巧みにくるみこんじゃって、後で言いぬけりゃいいんだ、というミョーな賢さを見せるんだねぇ。

おれを金づるに利用しようとしくさってる連中の思惑などをいつもすり抜けているのさ。
利口さん、というよりか、ひとに言えぬ複雑な事情を背負って、つらい境遇に耐え忍んで、人間世界に距離を置いているだけなんだ。

でも、人生は長いんだから、いろいろともまれてみればいい。
すべては、自分の責任に帰せられると覚悟して、しっかりと生き抜いて欲しい、と願ってやみません。

ごめんなさい、変なことを言っちゃって。
えらそーに、と思ったら、忘れて下さい。

それにしてもねぇ、昨日タッタタタァーッと作ったビデオエッセーを、
作りたての気持ちをクールダウンして一介の視聴者になったつもりで、
改めて見直してみると、
思わず笑わせられちゃったんだなっ。

画像


4年前のピアノ曲「子守唄」は一度シリアスな場面に使ったことあんだけどね‥

やっぱし、うっとおしい梅雨を安らかに寝て過ごすために、こういう使い方もあればいいんだよねぇ。

画像


まっ、可愛げのないアーティストの面目躍如だもんねぇ。

画像


休日だから、これから理髪店に行って、
例のモヒカン刈りをして貰うつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック