未来の「目利き」たちへプレゼント!鳥ドラマ公開

悪いやつがいるもんだ、動画投稿サイトの作品にフィッシング詐欺か、ワンクリック詐欺のリンクをかけて。
ほんとに迷惑なんだぜ。

サイト管理者側でセキュリティを万全にかけてくれたらしく、今のところ異常はなさそうだ。

では、昨日の記事で約束した、「鳥ドラマ」の四年前の短編をお見せします。

その前に口上を述べさせて下さい。
おれ、30年前の「未来少年コナン」以来宮崎駿さんのファンですと言ったけど、うーん、なんつーか、18才年上の友人みたいな感じで、作品に影響を受けたとか、そういう話ではないですよ。

世界的名声を得た今なお、30年前の気持ちが全然変わっていません。18才年上の友人の近況を聞いて、「ああ、よかった。おめでとう」と軽く思う程度なんです。

CGに頼らず、手書き画にこだわっていらっしゃる姿勢は本当に嬉しいですよね。

こっちは映画脚本がどこにも採用されず、なんとか自分の作品をこの世の中に送り出そうと一生懸命になっていたら、今気づけば、野鳥を主役とした「鳥ドラマ」、その極めつきの「鳥のオペレッタ」を作ってきたわけ。

CGに頼らず、野鳥の実写フィルムを編集して、映画的感興、娯楽性を付与しようとしてきた姿勢は、なんか18才年上の友人と重なっちゃうんですね。

あくまでも向こうはアニメ、こっちは実写、まったくおたがいに独立して独自の世界を築いてきているんですよ。

でも、30年前に「このアニメは違う!面白い」と夢中になって、台詞の分からない聴覚障害者を画面の前に釘付けしちゃう宮崎駿さんの巧みな語り口を知った、大学浪人は、未来の世界的巨匠を見抜く「目利き」だった、といえます。

そこなんですね、動画投稿サイトで唐井誠二の芸術を目にして、「ほかの作品となんか違う!面白そうだ」と思い、熱心に閲覧し、そしてこのブログを読んでくださる皆さまは、まさしく、未来の世界的巨匠を見抜く「目利き」だということになる。

面白いじゃん、このめぐり合わせは。

鳥の空中戦を扱ったものです。どうぞ12分半もご堪能ください。

「鳥の空中戦!鳥ドラマ『けせらせら団地』」












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック